« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月24日 (日)

コアFX モニタリング経過(8/22)

コアFXの自動売買、運用経過を報告します。現在3ヶ月運用いたしました。

■EUR/USD

Eurusd

http://fxprogrammer.k2srv.com/blog/corefx/080822/eurusd.htm

現在までで18勝14敗。プロフィットファクターは1.06と、一応プラスになりましたがあまり良い成績とはいえないですね。取引回数も少ないので、ドローダウンがあればすぐにマイナスになりそうな感じです。

■USD/JPY

Usdjpy

http://fxprogrammer.k2srv.com/blog/corefx/080822/usdjpy.htm

こちらは16勝11敗、PFは2.63となかなかの成績です。これだけプロフィットファクターがあれば、上手く複利をのせた運用をすれば良い利回りになりそうですね。

過去のトレード結果はこちら。
・3月~4月
・4月~5月

現在使っているMT4のデモアカウントが先週末でようやくクローズしました。約3ヶ月間は利用できた事になります。

3ヶ月間の結果ですが、プラスで終われた事は評価に値するかと思います。まだまだ取引回数が少ないため、楽観視はできませんが、引き続きモニタリングは続けたいと思います。次週からは心機一転、新しいアカウントで開始したいと思います。

また報告いたします。

>>システムトレードで完全自動売買 「コアFX」

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

自動売買をわかりやすく

ATS総合ポータルサイト(サザインベストメント)でおもしろい連載があります。

自動売買が見えるはなし

DealBook360を使った完全自動売買システムをわかりやすく解説している連載です。全8回で、現在4回まで連載が進んでいます。とはいえDealBook360にとどまらず、自動売買を始める方には(始めたいと思っている方には)、一度みてほしいと思います。

特に第3話の話は、けっこう勘違いしている人が多いかもしれないですね。コンピュータは何でもできて、ほっといたら勝手に売買してくれると思っている方。。

もちろん、そんな事はありません。コンピュータは命令どおりにしか動きませんので、逆に子供よりも手がかかると思ったほうが良いかと思います。また思ったとおりに売買させるためには、かなり細かく指示してあげる必要があるのです。

例えば、「トレンドが上がったら買い、トレンドが下がったら売り」というのは、コンピュータにとってはかなり曖昧な命令です。この条件では売買できません。

コンピュータがわかるように言い換えると、「2日前の終値と1日前の終値を比べて、上がっていたら、買い」というように、細かく指示する必要があります。けっこう大変なんですね(^_^;)

自動売買がどんなものか全く初めての方は一度目を通されてみてはいかがでしょうか。>自動売買が見えるはなし

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »