« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

クリック証券 信託保全開始

4月25日よりクリック証券で信託保全サービスが開始されました。

クリック証券といえば、Webサービスを使った完全自動売買システムの構築が可能で、シストレFXグランプリ(記事はこちら)の計画もあり、かなりホットな取引会社です。

高機能なシステムが提供されるだけでなく、資金の安全性も保障されることで、ますます完全自動売買運用に適した環境になってきたと思います。

詳しくはホームページから、ニュースメニューのお知らせをご覧ください。

>>クリック証券

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

コアFX モニタリング経過(4/27)

コアFXの自動売買、運用経過を報告します。

デモ期間が切れたため、4月14日から改めてモニタリングを開始しています(過去の結果はこちら)。これまでの経過は次のようになっております。MetaTrader4で出力されるレポート形式そのままです。

■EUR/USD

Eurusd 

http://fxprogrammer.k2srv.com/blog/corefx/080427/eurusd.htm

2勝2敗(勝率50%)、プロフィットファクター1.76、と順調にトレードしてくれています。

■USD/JPY

Usdjpy 

http://fxprogrammer.k2srv.com/blog/corefx/080427/usdjpy.htm

3勝1敗(勝率75%)、プロフィットファクター21.9、と現在は絶好調のようです。

それほどトレードの数は多くないのですが、しっかりとプラスになってくれています。いい感じですね^^

>>システムトレードで完全自動売買 「コアFX」

| | コメント (3)

2008年4月22日 (火)

シストレFXグランプリ

シストレナビでおもしろい記事が載っていました。

6月にマネージャパン、月刊アスキー、週刊アスキーの3誌が賞金総額2000万円の「シストレFXグランプリ」を開催

内容はクリック証券のWebサービスを利用したシステムトレードの結果を競うグランプリということです。

賞金総額2000万円、シストレソフト部門賞1位300万円。これは腕の見せ所ですね。

当ブログでも以前、クリック証券のWebサービスを利用した自動売買システムの構築方法について、サンプルアプリケーションを作成しています。参加される方には、参考になるかと思います。

記事はこちら>クリック証券Webサービス

まだ参照系しか紹介していませんでしたが、ポジションの構築等のサンプルプログラムも随時記事にしたいと思います。お楽しみに^^

グランプリ開始は6月2日です。また、Webサービス開発キットを持っていない方は、今のうちにクリック証券から入手してください。
クリック証券

| | コメント (2)

2008年4月16日 (水)

CTL言語マニュアル 無料配布

4月14日よりCTL言語(DealBook360自動売買プログラム言語)のマニュアルがATS総合ポータルサイト(サザインベストメント)から配布されています。本マニュアルは一度2月に配布停止となっていたのですが、バージョンアップしてようやく再配布が開始されました。

Ctl

マニュアルは電子書籍ですので、PDFとして配布されています。200ページ以上あるのですが、サザインベストメントに口座を開設していると、無料で読むことができます。うれしいですね^^。

ざっと一通り見て見たのですが、ChartStudio(CTL開発環境)を使ってインディケータや、ストラテジー(自動売買プログラム)を1から作成する方法がわかりやすく解説されており、まさに初心者の方にうってつけの内容ではないかと思います。

CTL言語の細かい仕様や、動きなど、私も知らなかった内容もありました。読んでよかったです(^^;

それと、ところどころにでてくるコラム「ちょっとひといきシステムトレード徹底攻略」も、シストレの心構えみたいなものが記載されてますので、読んでおいて損はないと思います。

マリュアルの配布サイトはこちら>ATS総合ポータルサイト

入手するには口座開設が必要です>サザインベストメント

| | コメント (2)

2008年4月15日 (火)

ポジション情報を定期的にWebサーバにアップする方法

MetaTrader4でポジションを定期的にWebサーバにアップする方法をご紹介します。最近出張が多く、家でポジションをチェックできないため、よく使っている機能です。

この機能を設定しておけば自動的にMetaTrader4が最新ポジションの情報をWebサーバにアップしてくれますので、外出先でもインターネットさえ繋がっていればブラウザを使って最新ポジションをチェックすることができます。

特に自動売買していると現在保持しているポジションや、トレード結果が気になりますが、外出先でも確認できるため重宝しています^^

例えば、次のようになります。

http://fxprogrammer.k2srv.com/blog/test/statement.htm

クローズしたポジションや、オープン中のポジションがチェックできるHTMLフォーマットをMetaTraderが自動的に生成し、これを定周期(5分、10分、15分、・・・)にWebサーバにFTPを使って更新してくれます。

設定方法は簡単で、事前にFTPの設定を行っておくだけです。
まず「ツール」->「オプション」からオプションウィンドウを開き、「Publisher」タブを選択します。

Ftp

(1)「有効にする」にチェックを入れます。

(2)Account:口座番号を指定します。

(3)Refresh every:更新する周期を選択します。5分、10分、15分、20分、30分、60分、240分(4時間)、1440分(1日)

(4)FTP server:FTPサーバのアドレス

(5)FTP path:HTMLを格納するパス

(6)FTP login:ログインユーザ

(7)FTP password:パスワード

(8)Passive mode:パッシブモードを利用するか

このように設定をすると、指定したパスの中にstatement.htmというファイル名でHTMLが作成されます。FTPの設定が正しいか、「テスト」ボタンでテストすることをお忘れなく。

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

コアFX モニタリング経過

コアFXを実際に自動売買させた運用経過を報告します。

3月の初めからモニタリングを開始してこれまでの経過は次のようになっております。MetaTrader4で出力されるレポート形式そのままです。

■EUR/USD

Eurusd

http://fxprogrammer.k2srv.com/blog/corefx/080409/eurusd.htm

プロフィットファクター2.81を記録しており、こちらは絶好調のようですね。

■USD/JPY

Usdjpy

http://fxprogrammer.k2srv.com/blog/corefx/080409/usdjpy.htm

こちらは相変わらず不調のようです。改良版に差し替えた後(4月以降)のトレード2回も負けが続いています。今後に期待ですね。

それぞれはデモ版で運用しているのですが、そろそろデモ版の有効期限1ヶ月が近づいてきたと思うので、今週末で一度リセットしたいと思っています。またモニタリング経過はご報告します。

無料の試用版も配布されていますので、一度試されてはいかがでしょうか。

>>システムトレードで完全自動売買 「コアFX」

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

MetaTrader4バージョンアップ(Build215)

3/27にMetaTrader4のバージョンがBuild215にバージョンアップしました。

http://www.metaquotes.net/news

前回のBuild213から割りと短期間でのバージョンアップですので、不具合改修がメインのようです。特に大きな変更はないようですが、Build213でコンパイルしたプログラムは再コンパイルが必要になるので注意してください

1. MQL4: Fixed error of constant string concatenation (Expert Advisors and scripts compiled in build 213 must be recompiled).

->不具合改修
 文字列の処理不具合(Build213でコンパイルしたプログラムは再コンパイルが必要)

2. MQL4: Fixed error of the reinitialization of global and static variables of MQL4-libraries.

->不具合改修
 グローバル変数とスタティック変数の最初期化不具合

3. MQL4: Fixed memory leak when resizing of string arrays.

->不具合改修
 文字列のリサイズ時のメモリリークを解消

4. MQL4: Fixed memory leak when accessing out of range of string arrays.

->不具合改修
 文字列の配列外にアクセスした時のメモリリークを解消

5. Tester: Fixed error of generating ticks in candlesticks with volume 4–6 and with one shadow absent.

->テスター機能の不具合改修

※MetaTrader4の情報をお探しならこちら。
MetaTrader4を利用した完全自動売買システムの構築にお勧めのマニュアルです。

FX完全自動売買システム構築のための250の技 MetaTrader4逆引き大全集

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

コアFXで完全自動売買

FX完全自動売買システムのご紹介をしたいと思います。

システムトレードで完全自動売買 「コアFX」(4/2販売開始)

システムの開発者の方とは何度かやり取りをさせて頂く機会がありましたので、数ヶ月前からモニターとして参加させて頂いていたのですが、この度いよいよ正規発売されるとの事でご紹介させて頂きます。

システムはUSD/JPY、EUR/USD向けの2つがあり、基本的には1時間足に適用させます。詳しいアルゴリズムまではわかりませんが、システムの内部は複数のシステムが既に入っており最初からポートフォリオ運用を行いリスクを軽減しているようです。さらにポジションサイジング機能もありますので、資金に応じた最適なパフォーマンスが得られます。

また次のように7年間のバックテスト結果ではプロフィットファクター2以上で綺麗な右肩上がりの資産曲線を描いています。最大ドローダウンも10%前後ですし、割と現実的な数字なのではないかと思います。

■USD/JPY
http://www.systemtradepro.com/USDJPY/StrategyTester.htm

■EUR/USD
http://www.systemtradepro.com/EURUSD/StrategyTester.htm

さて私のほうで、この1ヶ月のモニタリングした結果を簡単にお伝えします。また、

■EUR/USD
現在EUR/USDはプラスになっています。

Eur

■USD/JPY
USD/JPYはここのところ成績が落ち込んでいましたが、今週始めにシステム自体に改良が加えられたということで今後に期待です。

Usd

■EUR/USD+USD/JPY
これは両方の通貨ペアを同時に動作させたパターンです。現在はプラスになっています。

Eurandusd

詳細なモニタリング結果については後ほど記事にしたいと思います。また今後もモニタリング作業は続けますので、ブログで定期的に結果をご報告致します^^

なお、60日間試用版もありますので、ご興味がありましたら是非どうぞ。

>>システムトレードで完全自動売買 「コアFX」

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »