« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

06年度の取引も終わり・・

今年度の取引も終わりましたね。昨晩は、最後の最後で急激な乱降下があったので、びっくりしましたけど・・(^_^;)。

私の使っているトレーディングシステムも一気に売買が約定しており、最近つけた約定を知らせる「メール送信機能」が私の携帯にメール送信しまくっていました。
全然相場は見ていなかったのですが、一気にメールが来たのでちょっとあせりました(笑)。

前日差だけを見るとなんて事はない、あまり動かなかった日みたいな感じですね。

Market_1

参照元:外為どっとコム

年度末ということで、皆さんどんな記事を書いてるかなと思って、久しぶりにブログなどを徘徊してみたのですが、、

・経済指標と相場の関係を分析する方
・相場の上げ下げに一喜一憂されている方
・来週以降の相場の予想をされている方

などなど、様々な角度から相場に対するコメントを書かれていますね。

反論するわけではないのですが、年度末という節目ですので、久しぶりにちょっと私の持論でも書いてみようと思います。(どうでも良い方は、読み飛ばしてください^^)

私は相場は予想するものではないと思っています。来週は「○○の指標が発表されるため、ドルは上がる可能性が高い」とか、「フィボナッチの△△ポイントが重要で、下値が支えられれば○○%の確率で上がる、逆に突破すれば一気に下がる」とかは、良く聞く文章ですよね。

予想することに対しては何の問題はないのですが、予想を信じて本当に売買したとすると、それは結局のところ投資ではなくギャンブルなのではと考えています。

例えば競馬。「今週の○○という馬は絶好調なので勝つ確率が高い」とか、「○○のレースは外国産馬が○○%の確率で勝っているので△△という馬が勝つ」とか色々な人が色々な手法で1着を当てようとしています。

相場に対しても同じように、色々な人が色々な手法で上げ下げを当てようとしているのではないかと思うのです

それはファンダメンタル分析でも、テクニカル分析を用いる手法でも全く同じです。相場の上げ下げを当てようとしている限り、それはギャンブルと同じ事をしているのだと私は考えています。

ですので、基本的には私は相場に対して予想はしませんし、予想を見て売買することもしません(あ、たまにはするかも・・(^^;;)。

ではどのように相場に対して向かうかというと、一つの解はスワップ運用だと思います。FXの特徴の一つとしてスワップポイントが良く取り上げられますが、これは本当に非常に有効なものです。FXをやっていながらスワップを考慮しないのはもったいないです。

なぜスワップかというと、それは「100%必ずもらえるもの」だからです。相場に100%はないといいますが、スワップだけは別物です。絶対100%もらえます。株取引などと比べても、絶対的有利な点です

ちょっと為替王さんの記事とかぶりますが(笑)、ドル円の買いスワップが1万通貨辺り150円だとすると、年間54,750円(150円×365日)がもらえます。もちろん為替差益で損することがありますので、あまり多くのレバレッジはかけることができませんが5倍程度なら通常の範囲だと思うので、それで計算してみましょう。

計算はおおざっぱですが、100万円の資金でドルを5万通貨(レバレッジ約5倍)保持します。すると年間273,750円(54,750円×5倍)のスワップが入る事になります。これだけで年間25%くらいの利回りです。
相場に一喜一憂することなく、これが資産を運用するという事なのかなと思います。

あともう一つの解は、相場が上がっても下がっても利益になるような戦略を取り入れることです。実際に私のトレーディングシステムなどはそのような発想で作成していますが、大事な事だと思います。あえて例を挙げるなら「裁定取引」などはその一つの例になるでしょうか(裁定取引をしているわけではありません・・あくまでも例です)。

ちょっと好き勝手に書いてしまったのであまり参考にならないかもしれませんが、相場に対して色々考えるきっかけになればと思います・・ならないかな?(^_^;)

それでは来年度もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

千通貨単位取扱業者比較

前回、超低リスクでポートフォリオ運用という記事を書いたのですが、もう1つ良さそうなFX取り扱い業者を見つけました。

ヒロセ通商というFX業者さんです。

Hirose-FX2ミニを選べば、全28種類の通貨ペア1000通貨単位から取引できてしまいます。ちょっと色々比較してみました。

  ヒロセ通商 エフエックス札幌
通貨ペア 28種類 26種類
最低取引単位 1000 1000
証拠金 500円 1000円
往復手数料 30円 100円
スプレッド(USDJPY) 1~3 3
スワップ(USDJPY) 150 149
口座維持費 0円 0円
システム ブラウザ ブラウザ
携帯取引 有り 有り

手数料や通貨ペアの種類の多さなど、ヒロセ通商のほうが少し有利といったところでしょうか。スワップポイントは通貨毎に異なりますが、全体的にヒロセ通商のほうが良いように感じました。

あとはシステムの使いやすさ、稼働率、会社自体の信頼性など、考慮する点はいくつかあるので、どちらが良いかは一概には言えませんが・・。もう少し色々と調べてみたいですね。

もしよろしければどうぞ。>>こちらからどうぞ。「ヒロセ通商」

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

超低リスクでポートフォリオ運用

サザインベストメントさんのポートフォリオツール「Frontier」などを使ってポートフォリオ運用させようとするとき、一般的には通貨ペアの組み合わせが多くなればなるほどリスクが低減していきます。できれば10種類以上の通貨ペアには分散させたいですね。

また、もともとポートフォリオ運用の狙いはスワップポイントですから、必然的に長期運用となります。できれば、レバレッジは5倍~10倍程度に抑えたいものです。

しかしながら、上記のような条件を満たそうとすれば、実際にはかなり多くの資金を必要とします。例えば、最低取引単位が1万通貨の場合ですと、10倍程度のレバレッジで、10通貨ペアに分散させて保持しようとするためには、軍資金は100万円程度必要になります。

そこで、最低取引単位が1000通貨単位で取り扱っている通貨ペア数が20種類以上のFX業者があれば、低資金でも現実的なポートフォリオ運用ができるのにと探していたのですが、ようやく見つけました。

エフエックス札幌というFX取引業者さんです。

ステップアップ口座を選べば、クローネやランドを含む全26通貨ペアが、1000通貨で取引できてしまいます。例えば、上記の「10倍程度のレバレッジで、10通貨ペアに分散させて保持しようとするため」には、軍資金は10万円程度で済みます。

これだけ小資金で分散できるなら、100万円あればもっと多くの通貨ペアに分散もできるし、また通貨ペアの特性毎にポジション数を割り振ることもできます。リスクの低減にはもってこいですね。

とりあえず現在、口座開設手続きしています^^。(口座開設なんて久しぶりですね)

もしよろしければどうぞ。>>こちらからどうぞ。「エフエックス札幌」

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水)

自動売買環境からメールを送信

最近、自動売買させているMetaTrader4製のシステムにメール送信機能を組み込んでみました。売買が約定した場合に約定した通貨ペアなどの情報を携帯のメールアドレスに送信するというものです。

そうすることによりシステムの運用状態を見るためにいちいちPCを起動する手間も減りますしね。

さてシステムからメールを送信する場合に必要なのがSMTPサーバです。通常、契約しているプロバイダのメールではSMTPをサポートしているでしょうから、それを利用すれば良いのですが、最近は認証方式が高機能になってきたせいか、今ひとつMT4のメール送信機能と相性が良くなく上手く動作しないことがありました。

また、これまでyahooやgoogleなどの、SMTPをサポートするフリーメールなどを利用していた事もあったのですが、どうも送信エラーになる頻度が多く、安定性が悪いと感じておりました。

そこで、最近導入したのが、これ。

MELON

フリーソフトなんですが、SMTPサーバとして常駐させることで、いとも簡単にメールが送れるようになってしまいます。起動も簡単で、インストール(解凍するだけ)して、exeを起動させるだけです。何日か稼動していますが、エラーがでることはなくなりましたww。

MetaTrader4側の設定は、次のようにSMTPサーバとしてループバックアドレス(127.0.0.1)を指定するだけです。ローカルですから、もちろんユーザ名、パスワードはなし。あとToを設定すれば終わりです。

Mail

私の自動売買環境はMT4以外にも、UPS装置の電源異常時にメール送信を行うように設定をしておりましたが、こちらの方も、このSMTPサーバに切り替えました。やっぱりメールは便利ですね^^。

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

クアッドコアな環境

インテル、低消費電力版4コア「Xeon」の出荷を開始へ

いよいよ時代はクアッドコアへと突入するのでしょうか。

私が今利用しているノートパソコンはデュアルコアなのでCPUが2つ乗っているのですが、さらにクアッドコアはCPUが4つになります。

4つになるとそれだけたくさんの仕事量がこなせるようになるので高性能になるのですが、1つ1つのコアはクロック数は逆に少なくなっているため消費電力が少なくなります。まさにサーバマシンにうってつけのマルチコアプロセッサですね。

なんとIntelの新型4コア「Xeon」は、最大消費電力が50Wだそうです。従来のプロセッサが80W~120Wだそうなので、かなり少なくなっているのがわかると思います。

私が利用している自動売買環境のPCもPen4ですので、けっこうな電力を消費しているようです。やはり一般家庭としては省電力なPCというのは気になります。

今はサーバ商品ばかりですが、そのうち一般家庭向けのクアッドコア製品がでれば、自動売買環境として24時間起動させるには最適だと思います。早く普及してほしいですね^^。

| | コメント (0)

2007年3月11日 (日)

確定申告

皆様、確定申告は終わりましたでしょうか。

私も期限ぎりぎり、、、ようやく終わりました。といってもまだ提出はしていないのですが、なんとか書き終えました。疲れました・・(^_^;)。

私はサラリーマンですが、転勤によって持ち家(マンション)を貸しに出していますので、不動産所得があります。これの申請に加えて、医療費控除の申請がありました。

ここまでは過去の経験があったので難なく終えたのですが、今年はさらにFXでの利益や、広告費などの雑所得が発生しましたので、これの計算が大変でした・・(^_^;)。

FXでは基本的にパソコンでトレードしますので、パソコンの購入費や、プロバイダなどの通信費、それに勉強のために使った図書費などが経費になるそうです。

とか色々調べていると、、、書き上げるのにかなりの時間を要してしまいましたww。

利益がでるのは良いのですが、大変ですね・・(笑)

ちなみに外為どっとコムさんのページが参考になりましたので一応載せておきます。
http://www.gaitame.com/service/kshinkoku_shousai.html

それにしても雑所得というのは前年度と合算できないんですね。私は去年はFXで利益を出すことができましたが、一昨年は赤字でした。おそらく足すと利益など無いに等しくなるはずなのですが、それでも去年は去年の利益として申告しないといけないのです。。。うーん、これってどうなんでしょうか。。。(怒)

なにはともあれ、来週早々に申告に行きたいと思います。皆様もまだの方はお早めに^^

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

\enSPA!

Enspa

今日発売の\enSPA!という雑誌で本ブログが紹介されました。

「FX勝利の方程式大研究」の「自動売買3人衆」っていうコーナーに載っています^^。

ちなみに、3人衆の方はこちらです。

システムトレードの道

フルレバ50倍でFXシステムトレード。

皆さん、自動売買でがんばっておられますw。

雑誌の記事を書くにあたり、最初はたくさん書いていたのですが、紙面の都合で小さなスペースになってしまいましたw。その際、内容を削られてしまって、かなり掻い摘んだ内容になってしまってます。

「儲かった」とか、「簡単」とか、そういうところばかりが目立ってしまって、トレードのスタイルや、自動売買への思い入れ、苦労話など、、もっと他に言いたい事はたくさんあったのですが、、、けっこう削られてました。残念(^_^;)。

なにはともあれ、初めて雑誌に掲載されたのですが良い経験になりました。良くしていただいた出版社の方、どうもありがとうございました。

雑誌のほうですが、他にもおもしろい記事がたくさん出ていたので、久しぶりにマジマジと読んでみようと思います。参考になりそうなのも幾つかありそうなので、試してみたいですね^^。

もし本屋などで見かけたら、是非見てみてくださいね。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »