« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

メルマガは一応順調のようです

先日、メルマガ第二号を発行しました。

今回は、自動売買の手順と、難しさについて書いてみました。

実は週末旅行に行っていたので、配信は予約配信っていう機能をつかったのですが、無事に送信できていたようです^^。

一応、メルマガとしては順調なようで、第二号発刊時点で115人の方に登録いただけました。(同ジャンルの新作メルマガの中でも断トツ?)

Busuu

※このメルマガのところに記載されている部数っていうのは、最新メルマガの発行時点の読者数みたいですねw。

現時点ではもう少し増えて135名くらいの方に登録いただけてます。どうもありがとうございます。

やはり読者の方が増えるというのは励みになります。より良い記事となるようにこれからもがんばりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

そうそう、右上にメルマガの登録/解除フォームを張ってみました。まだ未登録の方は、もしよろしければどうぞw。

| | コメント (6)

2006年10月26日 (木)

メルマガ発行

少し前の記事で、新企画を考えています。というのを書いたのですが、新企画としてメルマガをスタートさせることにしました。

突然?と思われるかもしれませんが、実は前からメルマガをやりたいなーと思っていたんです。しかし、ブログだけで手一杯でずっと後回しにしていたのですが、とうとうやる決心が付きました(^_^;)。

ブログでは完全自動売買、シストレ、もしくはFX全般に関する情報などの発信が主になっており、どうしても話題が多岐に渡ってしまいます(要はなんでもアリ^^)。

そこで、なにかブログとは違った有益な情報を配信できないかなと考えていたのですが、トレーディングシステムの構築方法をより具体的に、実際に作りながら進めていったらおもしろいかなと思いました。

名づけて、「FX完全自動売買への道」(←こればっかし^^)

メルマガではシステムの構築に限定した話題を提供し、実際に完全自動売買システムの構築を連載にしてみます。

その中でより具体的な自動売買、システムトレードのノウハウを公開していく予定です。どうぞ、よろしくお願いします。

メルマガの登録はこちらからです。
よかったら、是非登録してください^^。

http://www.mag2.com/m/0000212860.html

| | コメント (12)

2006年10月23日 (月)

南アフリカ・ランドでの取引

久しぶりにバーチャル取引が絶好調です。

どのバーチャルかというと、外為トレード選手権「FX1」です。

現在、ランキングが71位/19949人中まであがってきてます。

Ranking

もともと、このFX1はレバレッジ20倍で取引できるため儲けやすいのですが、さらに最近追加になった南アフリカ・ランド(ZAR)を使えばすごい事ができてしまいます。

どうやってこの順位になったかというと、そんなに難しい事ではなくて、ランドをレバレッジ20倍で全力買いしてほったらかしにしているだけです。このような買い方をすると、ランドだと0.1円ほど上がるだけで約100万円プラスになります。(もちろんその逆にもなりますが・・)

今は購入してから0.3円ほど上がっている状態なだけなんです・・。これで初期の500万円が約800万円になり、71位にいます。

もちろんこんな事はバーチャルでしかできない芸当ですが、失敗すればまた次回がありますので・・(笑)

一応、これで16円後半くらいにリミット決済をしています。もし、万が一そこまでいけば、2000万円近くになる予定なんですが。さて、どうなるでしょうか・・?

皆さんも、もしよかったらどうぞ^^。
ゲーム感覚で学べるバーチャル為替取引「FX1」!

| | コメント (2)

2006年10月22日 (日)

ヒストリカルデータ入手方法2

以前、ヒストリカルデータの入手方法をまとめたのですが(記事はこちら)、その中で紹介した

フルレバ50倍でFXシステムトレード。さんが、また素晴らしいツールを作成されたので再度紹介させていただきます。

以前のツールは1分足のヒストリカルデータを収集するものだったのですが、新しいツールは取得した1分足のデータから5分足や、1時間足、日足、など自分の好きなタイムフレームでヒストリカルデータに変換できてしまいます。(これって2分足とか半端な数値でも作れるんですね・・笑)

ツールはこちらから。

1分足からボタン1発で色んな時間足を作るアプリ

これは便利ですね。早速ダウンロードして使わせていただきました♪

皆さんもどうぞ。

| | コメント (3)

2006年10月21日 (土)

新企画?

ご報告です。

実はブログはずっと更新していたのですが、実はここ1、2ヶ月の間、FXに集中する事ができていませんでした(特に自動売買プログラムの作成)。というのも、資格試験が立て続けにあってかなりの時間を勉強に割かれてしまっていたからです。(私の会社では資格を持たないと給料が上がらないので必死なんです・・(^_^;))

で、先週末に国家試験である情報処理試験、今週末にベンダー資格であるMCP(Microsoft Certified Professional)があり、ようやく終了しました。前者は合格発表までまだわかりませんが、後者はおかげさまで1000点中980点という高得点で合格することができました。

これでプログラミング技術にも一層磨きがかかった(?)と思いますので(笑)、是非FXに生かしたいところですね(関係ないか・・)。

さて、私自身ここで大きな節目を迎えましたので、心機一転、新しい企画でも始めようかなーと思っています。今考えてるのは自動売買プログラムの構築方法とか、検証方法とか実際に作りながら進めていくのがおもしろいかなと思ってるのですが、いかがなものでしょうか・・。

ネタを色々考えてみます。乞うご期待w。

| | コメント (0)

トラックバックについて

最近、というか前から思っていたのですが、やたらと意味のないトラックバックをする方が多いですね・・。せっかくのブログのすばらしい機能なのに、非常に残念です・・。

改めて記事のトラックバックをみるとあきれるくらいわけのわからないものがほとんどです・・。FX比較サイトや、情報商材宣伝、なぜか海外のサイト等、、少なくとも記事の内容にリンクしていないものがほとんどです。。

あまり害はないのでほって置いたのですが、あまりにもトラックバックが多いのでちょっと規制することにしました。今後の記事にはトラックバックはできなくなります。また整理するうえでも、今までのトラックバックも意味のないものは削除していこうと思います。

今は過去記事にはトラックバックできると思うのですが、その設定も少しづつ変えていこうと思います。

| | コメント (2)

2006年10月19日 (木)

コミュ完全自動売買への道

先日の記事にmixi友達のレイザーラモンFXからコメントがありました。

で、久しぶりに、、というか全然見ていなかったmixiを色々巡回することに・・

そこでなんと自分で立ち上げたコミュニティ「完全自動売買への道」の存在に気が付く・・

しまった・・。すっかり忘れてました。全然見ていませんでした。無責任な管理人でごめんなさいっっ。今後は定期的に巡回しますのでお許しください。m(_ _)m

しかし、私の無責任さとは裏腹に、なんとコミュニティの参加人数が、600人近くまで増えているではないでしょうか・・・。かなりビックリしました。皆さん、ありがとうございます。

自動売買に興味のあるかたが、こんなに増えてうれしい限りです。

ただ、、もちろん皆さん自動売買に興味のある人が集まってきているので活発なコメントがあるのですが、その中に混じって明らかに販売目的なスレッドが立ち上がっており、自サイトへの誘導URLなど貼り付けられておりました。これはまずいと思いさっそく削除しました。

mixiでは営利目的の活動は禁止されているため、コミュニティを販売目的で利用するのであれば容赦なく今後もどんどん削除していこうと思います。

コミュニティ「完全自動売買への道」では、自動売買についてわからない事や困ったことがあれば、皆さん親切に教えてくださいます。自動売買できる業者や、新しい情報などを共有できるすばらしいコミュニティだと思います。もっと自動売買人口が増え、FXでも日本で自動売買が扱ってくれる業者が増えてくれればなーと思っています。もし、まだ参加されていなくて興味があれば是非参加ください。

それではふつつかな管理人ですが、皆様、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2006年10月15日 (日)

5年後に資産家になる

今日は本の紹介です。

ドクター田平こと、田平雅哉氏の新しい本がこの10月に出版されました。今日見つけたのですが、早速注文してみました♪

田平 雅哉
ドクター田平の「最強」外貨投資―5年後に資産家になる

アマゾンの評価を見ると★★★★★(星5つ)でかなりの高評価のようです。

今回は通貨のポートフォリオ、通貨の組み合わせによる投資法のようですね~。なかなか参考になりそうです。

ドクター田平さんの本は、以前に田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニックでよく勉強させてもらいましたので、個人的には気に入っています。

ただ残念なことに、かなり人気なようでアマゾンでも在庫がないみたいです・・。1~2週間待ちとのこと・・気長に待ちます(笑)。

10/22追記
届きました!
為替の仕組み、なぜ為替が儲けやすいのか(不動産投資や株取引との違い)、マネーマネージメント、リスク説明など、かなり丁寧に書かれており良書です。これからFXを始める方/基礎を勉強したい方/上手くいかなかった方には、非常に良い本であると思います。一度、眼を通されてはいかがでしょうか。

ただ、正直な感想をいうと、私には少し期待はずれだったかもしれません・・(^_^;)。長くFXをやっていると9割以上どこかで見たことあるような内容ですし、参考になる箇所はほんの一部でした。改めて為替の魅力、リスク、手法など上手くまとめられていますので、復習するという意味では参考になったかもしれませんが・・。

私が参考になったのは、「ポートフォリオ理論」のところです。ここが見たかったのですが、数ページという少なさだったので物足りなく感じました。もっと詳しく解説してほしかったです。

| | コメント (2)

2006年10月13日 (金)

ChartTraderのメモリリーク

少し前の記事(こちら)で、ChartTrader(FXA証券)のメモリリークについて解決されていないという記事を書いたのですが、誤っていたので訂正させていただきます。(VTTraderと同じく、バージョンが少なくとも1.8台にならないと直らないと思い込んでおりました。)

※メモリリークについての詳しい説明はこちら

最新版ではメモリリークが発生していないとコメント頂いたので私のほうでも調査したのですが、若干リークは発生しているものの運用で回避可能なレベルでした。

具体的には、48時間起動させて約120MBのリークでした(なお、リークする量は使用量、環境によって変わります)。

■11日計測開始

20061011_2041

■13日計測完了

20061013_2056

自動売買環境としては、1週間で120時間(24時間×5日)稼動できれば良いのですから、1週間でも計算すると300MBのメモリリークですむはずです。メモリ512MB程度つんでおけば、なんとか1週間起動させても大丈夫そうですね。

というわけで以前の記事はこの場を借りまして訂正させていただきます。失礼しましたw。

| | コメント (4)

2006年10月11日 (水)

基準未達?

スーパー株ロボでは、毎日自分のロボットの売買状況がメールで送られてきます。1台のロボットにつき1通のメールです。ですので5台エントリーしていれば、毎日5通のメールが届きます。

私は5台エントリーしていたのですが、なぜか3通しかメールがこなかったので、おかしいなと思っていたら・・・

ロボットのステータスが「基準未達」となっていて、ランキングが消えていました。どうやら、成績が悪かったらしく、エントリーをはずされてしまったようです。

これには驚きました。まだ1ヶ月とたっていないのにエントリーを除外されるなんて・・・どんどん成績の良いロボットと随時入れ替えていくという制度はわかるのですが、たった1ヶ月でロボットのなにがわかるのでしょうか・・?

1ヶ月くらいだと偶然そのときの相場にマッチせずにマイナスがでたのかもしれません。逆に偶然そのときの相場にマッチしてプラスになるものもいるでしょう。そこでプラスになったものだけ残していくという事は、その1ヶ月間の相場にフィッティングしたロボットしか残らなくなります。それってある意味、カーブフィッティングですよね・・。

いきなりエントリーを解除されたのでなんとも不愉快な思いをしたのですが、残された3台には是非がんばってほしいですね。1000台中50位前後をうろちょろしてるロボットが1台いるので、彼に期待ですw。

| | コメント (2)

2006年10月10日 (火)

FXA携帯ライブ取引開始

FXA証券で携帯電話でのライブ取引が本日から開始になったようです。便利になりましたねーw。

少し動かしてみましたが基本的な機能はそろっていて使いやすそうでした。これで外出先でも安心ですw。

といっても、私は新ChartTraderになってから売買していないので当分利用することはないのですが・・(笑)。新CTになり事実上VTTraderからバージョンダウンしてしまい、メモリリークが発生するようになったのと、最新のトレーディングシステムが動作しなくなったためです。

是非、早めの改善をお願いしたいところです。

| | コメント (2)

2006年10月 8日 (日)

サーバで完全自動売買

私は主にMetaTrader4や、VTTraderによる自動売買を行っていますが、いずれにしても自分のパソコンでシステムを動かすため、パソコンは24時間起動させる必要があります。

パソコンを24時間以上動かすというのは、ネットワーク異常、マシン異常、電源異常など、、思いのほかさまざまなトラブルに見舞われてしまいます。さらにいえば電気代もけっこうかかってしまいます(^_^;)。

一番よいのは、FX取引会社で管理しているサーバ側でシステムを動かしてもらえれば、トラブル発生にサーバを管理しているプロの方が復旧してくれますし、電気代もかかりません。FXではそのようなサービスをしている業者はまだ無いと思ってたのですが、実はいくつかあるみたいです。紹介します。

FXCM SYSTEM TRADING

FXCMで最低入金額が1万ドル以上、取引手数料は1ロットあたり10ドルと高めなのですが、TS8やTS2000iのコード(EasyLanguage)で作ったプログラムを専用スタッフの方が運用してくれます。ただ、TS8やTS2000i自身も有料で安くないため(私は持っていません)、敷居は高いかもしれませんねw。

日本でどのくらいの方がこのサービスを利用されているので主か?もしこのサービスを利用されている方がおられましたら、感想をお聞かせください。

外為オンライン

ロボットトレード(メカリッチー)というサービスを提供されています。これもサーバ側で起動するシステムで、完全自動売買を実現してくれます。どのようなシステムが稼動しているのか?自分のプログラムは作れるのか?とかはわかりませんが、それでも画期的なサービスだと思います。

残念ながら現在はロボットトレード口座開設の受付は休止されているみたいですが(運用成績がマイナスなのが原因かわかりませんが・・w)、試みはすばらしいと思います。是非、システムの選択肢や自由度を広げて、再開されることを望みます。

今後、このような会社が増えると良いですね!できればプログラム作成のし易さを考えると、MetaTrader4のプログラムが使えるとうれしいのですが・・。

| | コメント (7)

2006年10月 4日 (水)

ヒストリカルデータ入手方法

ヒストリカルデータの入手方法について読者の方からご質問を受けましたので、せっかくですのでここで記述しておきたいと思います。

ちなみにヒストリカルデータというのは、過去の為替の値動きの事です。基本的に過去に成功したシステムが未来でも同じ結果を生み出すものではありませんが、バックテストによりシステムを評価することでシステムの性能をある程度予測できるようになります。

システムを構築するうえで、ヒストリカルデータというのは重要なのですが、以下のような入手方法があります。

(1)チャートシステムから取得する。
VTTraderや、MetaTrader、DealBookFX2などではチャートで表示されているデータはCVS形式なりで取得する方法がついています。ただし、大抵は表示されている分のみだけなので、それ以上過去のデータは入手することができません。

(2)証券会社から取得する
ひまわり証券では、日足ですが、過去のデータを取得することができます。こちらもCVS形式です。ただ、数ヶ月分のデータしか公開してないようですが。

他にも探せば色々あると思いますが、有名なのはForexiteでしょうか。

なんと2001年からの1分足のデータを入手することが出来ます。逆に1分足しか置いていないため(※1)、それ以外の1時間足や日足などは自分で作成する必要がありますが、1分足があれば作ることができると思います。

(1※)日足と、1時間足については次のURLからダウンロードできるようです。
http://www.forexite.com/free_forex_quotes/forex_history_daily.html

ただ、1日毎にZipファイルで置いてあり、また全通貨分のデータが1ファイルにまとまっているため、入手するのも、利用するのも、非常に手間です。

以前から面倒だなぁと思ってたのですが、なんとフルレバ50倍でFXシステムトレード。さんが自動ダウンロードソフトを構築・公開されており、こちらを利用すると簡単です。

http://kasege.net/forex/archives/2006/09/forexitedl_auto.html
※勝手にリンク張らせていただきました。

私も読者の方に教えてもらって利用してみたのですが、全てのデータをダウンロードするのに1日以上かかりますが、全自動でやってくれるため非常に便利ですw。

よかったらどうぞww。

| | コメント (13)

2006年10月 2日 (月)

エントリー失敗

最近、スーパー株ロボの話題ばかりですが、今日もその話題ですw。自動売買はこのところ調子悪いので、仮想取引で現実逃避してます(笑)。

さて前回の記事に書いた土曜日にぎりぎりエントリーしたロボットですが、落選したのかエントリーできていませんでした・・。けっこう成績は良かったので、ちょっとショックです。

結局最終的にエントリーできたのは計5台。ランキング800台が2台、300台が2台。そして、、100位以内に入ったロボットが一台です!

800台のはイマイチですが、1台検討しているのがおります。

それにしてもカブロボやってて思ったのですが、自分のローカルなPCではなく、ちゃんと管理されているサーバで売買してくれるのは安心感がありますね。別に常時電源をつけてなくてもいいので電気代もかからないし管理が楽です。

FXでも自動売買プログラムを実行してくれるサーバを提供してくれる業者があればよいのですが。

| | コメント (3)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »