« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

カブロボエントリー終わり

スーパー株ロボのエントリー期間が今日で終わりましたね。(過去形ですが実際には今日の24時までですw)

最後に一台、汎用ロボットで作成したのですが、なかなか良い結果のものができました(適当に作った割には・・(^_^;))。

次がエントリー基準期間 1年間の成績です。

Kabutest

■■最終成績表■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
--●取引データ●--------------------------------------
取引開始日             :2004-09-01
取引終了日             :2005-08-31
経過日数(日)           :365
運用日数(日)           :245
総トレード数            :80
勝ちトレード数           :46
負けトレード数           :34
年間平均トレード数         :58
連続勝ちトレード数         :22
連続負けトレード数         :8
全トレード平均期間(日)      :38
勝ちトレード平均期間(日)     :38
負けトレード平均期間(日)     :38
最長フラット期間(日)       :3
トータル約定金額(円)       :842317200
--●勝率データ●--------------------------------------
勝率(%)             :57.5
最大年間勝ち月数率(%)      :58.33
最小年間勝ち月数率(%)      :58.33
平均年間勝ち月数率(%)      :50
--●損益データ●--------------------------------------
トータル純損益(%)        :26.64
勝ちトレード純利益(%)      :28.45
負けトレード純損失(%)      :-12.53
買いトレード純損益(%)      :15.92
売りトレード純損益(%)      :0
平均損益(%)           :2.01
平均利益(%)           :6.3
平均損失(%)           :-3.8
年次平均損益(%)         :26.44
最大勝ちトレード(%)       :23.4
最大負けトレード(%)       :-8.07
--●指標データ●--------------------------------------
平均ドローダウン(%)       :2.58
最大ドローダウン(%)       :9.69
損益レシオ(倍)          :1.68
プロフィットファクター(倍)    :2.27
年次平均損益/最大ドローダウン(倍):2.73
月次シャープレシオ(倍)      :0.51
年次シャープレシオ(倍)      :1.83
新規シグナル発生確率(%)     :1.45
返済シグナル発生確率(%)     :11.18
年次利回りボラティリティ(%)   :14.47
--●エントリー基準●----------------------------------
トータル約定金額 [2000万円以上]:合格
トータル純損益  [ 0%以上]   :合格
最大ドローダウン [30%未満]   :合格
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロフィットファクターが2を超えてきました。年率126%は、なかなか良い感じですねー。最大ドローダウンが10%近くあるのが少し気になりますが上出来でしょう。

ちなみに、これはおなじみのMACDとストキャスを組み合わせた手法を使ってます。思いがけず良い成績がでたのでそのままエントリーしてしまいました^^。

さて本線ですが、10月から本運用を開始し、12月1日までの約二ヶ月間で争われます。どんな結果がでるか楽しみですね。また時々報告します。

| | コメント (4)

2006年9月29日 (金)

カブロボ締め切り間近

スーパー株ロボのエントリー期間ですが、どたんばで締め切りが明日(30日土)に伸びたようですね。

私も少しづつエントリーを繰り返して、現在ではロボットを計5台エントリーしています。

今のところ、
本線待ちが1台。本戦エントリー中が4台で、100位台、200位台、300位台、800位台にランクインしています。800位台のがちょっとイマイチで(笑)、それ以外は順調に利益をたたき出しています。

なんとか100位以内に入ってくれればおもしろいのですが・・

さて、締め切りが明日に延びたということで、まだロボットの登録枠に余裕があるので、もう1台エントリーしようと思ってます。Javaで作るロボットより、汎用ロボットのほうがかなり簡単にエントリーできてしまうので、ちょこちょこっと作ってエントリーするつもりですw。

第一回の締め切りは明日ですが、第二回がすでに来春に予定されているみたいですね。興味のある方は今から勉強されるのも良いかと思います。

株式自動売買ソフトウェア スーパー・株ロボを作ろう!

| | コメント (2)

2006年9月27日 (水)

メールについて

時々皆さんからメールを頂くのですが、メールの返信ができない方がおられます。

ハンドルネーム、thrさんという方なのですが、もし心当たりのあるかたは再度メールを送っていただけないでしょうか?

メールアドレスが間違っているのか、もう存在しないアカウントなのか・・原因はわかりません。最初は、メールサーバの一時的な故障かと思ったのですが何度送ってもエラーになるようです。

よろしくお願いします。

あと、皆様から送っていただいたメールは必ず返信させていただくようにしていますが、遅くても1週間以内には送るようにしています。もしそれ以上待っても返信がこないようですと、申し訳ありませんが再度送っていただけると幸いです。

それと簡単な内容のメールは早めに返せるのですが、プログラムに関する内容(特にコンパイルエラーがとれませんとか、動きが変ですとか・・)のような調査が必要なものはメールの返信が遅くなります。

あらかじめご了承ください。m(__)m

| | コメント (2)

2006年9月25日 (月)

速読

これは勝手な思い込みかも知れませんが、FXや株など投資をするかたというのは勉強熱心な方が多いのではないでしょうか?

勉強というのは何も学校で行うような勉強ではなくて、たとえば投資で成功するために情報収集をする。ブログを見る。メルマガを見る。新聞を見る。本を読む。雑誌を読む。・・など。

私も、本は月に2、3冊くらいは読みます。ブログもけっこう読みます。メルマガも見ます。

と、突然切り出しましたが、実は最近私がはまっていることを紹介したいと思います。

速読」です(笑)。

最初はテレビかなんかで速読体験番組をみたのがきっかけなんですが、自分自身のことを考えたときに、ブログやメルマガを読むのに時間をけっこう使っている事読んでない本がけっこうある事に気がつきました。

で、速読ができれば時間をより有効活用して上手く情報収集ができるのではないかと考えたのです。単純(笑)。

実はもうかれこれ実践して2週間程度になっているのですが、なんと今2000字/分くらいは読めるようになりました。(ちなみに日本人の平均は500字~600字/分くらいだそうです)

まだ難しい文章はスピードも遅いので、実生活レベルで有効活用するにはいたりませんが、日に日に効果を実感できておもしろいです♪

ちなみに私が行っている速読講座は、ここです。

速読ネット講座

ちょっと高いのですが、情報商材とかと違って着実に自分の特技として身につきますし(笑)、しかも講座に通うよりはかなり安いです。
もし興味をもたれたらどうぞ。一緒に自己啓発としてやりませんか?

| | コメント (2)

2006年9月23日 (土)

MetaTrader4のバックテスト機能

ここ最近やたらとMT4(MetaTrader4)がバージョンアップを頻繁に繰り返しているなと思っていたら、おもしろい機能がバックテストで追加されていました。

Mt4_all_1

テスターのところなのですが、気づくでしょうか?拡大してみます。

Mt4_tester

Visula modeというのが最近追加されました。最初は意味がわからなかったのですが、使ってみると驚きの機能でした。

これまで通常バックテストを実行している間は、バックテスト中の進捗バーが表示されているだけで、どのような売買が行われているかというのは全テストが終わってからしかわかりませんでした。これが改善されています。

Visual modeというのはつまり、バックテスト中にチャートを表示させ、あたかもリアルタイムで売買が行われているかのように表示する機能です。バックテスト中にチャートが進行し、売買が行われるので、見ててもおもしろいです。

一応、使い方を説明しておきます。

Visual mode チェック ・・・ チェックするとVisual modeを有効にする。
その横のバー ・・・ チャートの進み具合のスピードを調整できます。
「||」「>>」ボタン ・・・ バックテストを一時停止したり、再開したりできます。
Skip toボタンと、日付 ・・・ 指定した日付までチャートの進行をスキップします。

実は昔から、このような機能があったらいいなと漠然とイメージはあったのですが、本当に実現されて感動しました。是非、どうぞ。

| | コメント (4)

2006年9月21日 (木)

Vista動作確認

先日からWindows Vista RC1でのFXソフトの動作確認をやっているのですが途中結果を報告します。

VistaをインストールするとH/Wの中にはドライバがVistaに対応しておらず、まったく利用できなくなるものも多数ありました。デバイスマネージャで見ると見事に?マークが・・。これらのものは、販売メーカーがVista対応のドライバを更新するまで利用できません。

私の環境で致命的だったのが無線LANでした。PC内蔵型の無線LAN(Intel PROSet Wireless)なのですが、実家の無線LAN環境ではしっかりと認識してくれたのに、自分の家の無線LAN環境では認識できませんでした。

インターネットができないと・・・、もちろんFXのソフトは何一つ動きません(笑)。

設定を見直したり、メーカーのホームページから最新のドライバやソフトをインストールを何度か繰り返しているにようやく、今日つながりました(かなり適当・・w)。

やっぱりちゃんとPCを稼動させるのは、Vista発売まで待ったほうが得策のようですね。

さて早速、MetaTrader4と、ChartTraderをインストールして起動させてみました。まだ全ての機能は試していませんが、特に問題なく動作しているようでした。

ようやくインターネットができる環境になったので、もっと色々試してみたいと思います。

☆よかったらランキングの、応援よろしくお願いします☆

| | コメント (2)

2006年9月19日 (火)

Windows Vista

来年発売予定の新しいOS、Windows VistaのRC1が公開されたようですので、導入してみました。

今なら、カスタマープレビュープログラム(CCP)を通じて入手できます。よかったらどうぞ。

http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/default.aspx

入手にはダウンロードとDVDの購入の2通りがあるのですが、私はダウンロードで入手しました。2時間くらい時間がかかってしまいましたが・・(笑)

ダウンロードさえできれば、Vista自体のインストール自体は非常に簡単なものでした。

まず導入してみた感想は、前評判どおりの画面の綺麗さ。Windows Vista Aeroもばっちり動いて感動でした。あとVistaは遅いと聞いていたのですが、特にストレスなく動作しました。RC1になって速度も向上したみたいですね。

さて、本題ですが、Vistaを入れたのは他でもありません。FXのツールがVistaで利用できるか確認したかったのです。

まずはMetaTrader4を簡単に確認したのですが、これは動いてそうでした。ChartTraderはまだ確認できていません。FXの場合は、ブラウザを使って取引をするところが多いため、IEの新バージョン(IE7)も動作確認が必要ですね。

また確認ができたら報告しますね。

☆よかったらランキングの、応援よろしくお願いします☆

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

外為どっとコム

この3連休ちょっと用事があって実家に帰省していたのですが、急に母(50歳)が為替を始めたいと言い出しましたw。

母はもともと株をやっていたのですが、資産を株一本で形成している事にリスクを感じたようで、資産の一部を為替(FX)で運用するべく、相談を持ちかけられました。運用方法は基本的に為替差益より、スワップ狙いの超長期型で、低リバレッジでリスク小の安全思考型です。

さてそうなると、どこのFX業者がいいかなと考えてえてみましたが、やっぱり真っ先に浮かぶのは、

外為どっとコム

ですよね。私などは自動売買できたり、携帯取引できたり、得られる情報がたくさんあったり、利便性や、付加価値を追い求めてしまうのですが、母には関係ありません(笑)。

その点、外為どっとコムなら信託保全もあるので安全ですし、業界No1の口座数も安心感があります。長期運用にはもってこいですね。なんだかんだいって身近な人に勧めるのはこういう業者なんだと、改めて実感しましたw。

とりあえず、今日の朝からオンラインで口座開設の手続きをしたのですが、口座開設までの手続き時間はたったの1時間ほど・・。すべてネット上でできるので超簡単でしたw。

さらに「お友達紹介制度」を使って母の口座を開設したので、お互いに10000円もらえましたw。ラッキー♪

もしこれから始められる方や、初心者の方がおられるのでしたら、間違いなくオススメです。

>>「外為どっとコム」 オンライン口座開設

なんか報告のつもりが、宣伝みたいになってしまいましたが、、、ま、いっか(笑)。

| | コメント (3)

2006年9月16日 (土)

FXA証券の自動売買環境希望的観測

先日の続きですが(記事はこちら)、FXA証券さんにあつかましくもメールで要望してみました。要望は以下、2点。

(1)VTフォーラムで公開されているトレーディングシステムは使えないともったいないので、是非使えるようにしてほしい。

(2)VTAPIに対応してほしい。やはりVTTraderの自動売買機能では限界があり(指値注文も、ストップも注文できない)、是非APIを利用して、自由度の高いプログラムが作れるようにしてほしい。

特に(2)は、個人的にはかなり実現してほしいと思っています^^。これらの(1)(2)を実現された上で、日本国内のサーバ移設によるサーバ強化が実現できれば、非常に良い自動売買環境になると思います。

一応、FXA証券さんからのメールが返ってきたのですが、

ご連絡頂いた件ですが、現在社内で検討中でございます。
極力、お客様の意見を反映するよう努力いたします。

との回答が・・・

ダメもとで聞いてみたんですが、すでに検討されているとは。これは少し期待がもてるかもしれませんね(笑)。

APIはオリジナルに不具合が多いため、サポートしだすと大変だとは思いますが、他の業者とも差別化を図るためには、ここは是非がんばってほしいところですww。

| | コメント (2)

2006年9月14日 (木)

自動売買機能の継続

FXA証券のVTTraderですが、日本へのサーバ移設に伴い、独自バージョンアップ路線に変更されているのは皆さん知ってのとおりだと思います。

その中で、トレーディングシステムビルダー機能を使って作る自動売買プログラムの機能が削除されるという噂があったため、FXA証券さんに問い合わせてみました。

結果から申しますと、自動売買機能は引き続き利用できるようです。

ただし、ChartTraderは、VT最新バージョンより古いバージョンなので一部ご利用できない機能もあること。今後はFXA証券さんで独自にバージョンアップしていく。ということのようですので、VTの最新バージョンに一致しない可能性があります。

これはつまりVTフォーラムとかで公開されているトレーディングシステムやインディケータが利用できないものがでてくる。ということです。

これはもったいないですよね・・・。この点は是非、改善してほしいものですが。

一応、その旨メールは送ってみたのですが、難しいのでしょうか・・。あ、ついでにVT APIが使えるようにならないかも聞いてみたのですが、こちらは望み薄かな・・^^。

| | コメント (3)

2006年9月13日 (水)

VT API 1.0.4 ベータ

VTTraderのAPI(通称、VT API)の新バージョン(1.0.4)が、約5ヶ月ぶりくらいにリリースされるようです。

(VTフォーラム)
http://forum.vtsystems.com/index.php?showtopic=4781

掲示板とかを読めばわかると思うのですが、現在のバージョン(1.0.3)のAPIは不具合がありログインができません。見ている感じではおそらくアジア、2バイトコードを使っている漢字圏の国でできないようです。

回避策としては、コントロールパネルの地域と言語で日本語から英語(米国)に変更するとログインできるようになるらしいのですが、システム設定をいじると他のソフトにまで影響を与えるので、私はやっていません。

次のバージョンで、不具合は改修されるだろうと思って待っていたのですが、ようやくリリースされるようです。今はベータバージョンでのテスト段階なので、もうすぐリリースでしょうね。

不具合が改修されていると良いのですが・・(^_^;)。

☆久々にランキングのリンクを張ってみました^^。順位が下がりすぎているので、応援よろしくお願いします・・☆

| | コメント (2)

2006年9月11日 (月)

UPS500II

以前、UPSを買おうか検討中しています。という記事を書いたのですが(記事はこちら)、とうとう購入しました!

サウンドハウスというメーカーのUPS500IIという機種です。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?item=233^UPS500II

※ちなみにUPSというのは、「無停電電源装置」という意味で、簡単にいうとバッテリーです。停電や瞬停のときでも電源が切れずに突然のPCの電源断を防いでくれます。また、停電時には数分後に、安全に自動的にPCをシャットダウンしてくれる機能がついているものが一般的です。突然、電源が切れるとPCは傷みますし、最悪データが消える、PCが壊れるという事があるので、完全自動売買環境のPCとしてはUPSは必須です。

価格どっとコムなどでUPSを調べるとこの機種は載っていないので、かなりマイナーな機種だという事がわかります。

なぜ、この機種を選んだかというと、、安いからです(笑)。

私の購入したUPS500IIという機種は許容電力300W、上位のUPS1200IIだとなんと許容電力720Wという大容量です。ちなみにUPS500IIは4,980円ですが、同規格のAPC社のもの(APC CS500)は24,885円(定価)ですので、その安さは群を抜いています。

パソコンを制御しようとするとRS232Cしか使えないのがネックですが、それでも必要な機能はそろっているため、UPSとしては十分です。

テストしてみましたが、コンセントを抜くと、大きな”ピー、ピー”という音とともにUPSがバッテリーモードへ移行し、10分後(自由に設定可)にしっかりとパソコンをシャットダウンしてくれました^^。

あと異常時にはメールを送信(ポケベルも可)してくれる機能がついてるのですが、これはなぜか上手く動きませんでした。ファイアウォールか、ウィルスソフトのせいかな、、とも思うのですが、調査中です。

もし興味があれば、どうぞ。

http://www.soundhouse.co.jp/shop/BestSellerListByCategory.asp?CategoryCd=2190

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

メモリリーク再(ChartTrader)

FXA証券のVTTraderですが、新システム移行によるVTTraderのバージョンダウンにより、以前問題になっていたシステムのメモリリークが発生するようになってしまいました。

以前の記事はこちら。
http://victor.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/vttrader_363f.html

今週、新システムを起動させていたのですが、およそ24時間で600MBほどメモリリークしていました。もう少しでパソコンがフリーズするところでした・・。こんなにリークするのが速いとは・・。リークの様子を画像でどうぞ。

VT起動時

Ml_060906_2331

24時間後

Ml_060907_2343_1

VT終了後

Ml_060907_2347_end

以前のバージョンに戻したのは、なにか理由があるのでしょうが、このような重大な問題を抱えるバージョンに戻すのはいかがなものでしょうか・・

24時間でこんなにリークするようだと、とても自動売買なんかできないですね・・。

| | コメント (4)

2006年9月 7日 (木)

自動売買ロボット作成マニュアル

Amazonでこんな本を見つけました。

自動売買ロボット作成マニュアル
自動売買ロボット作成マニュアル~エクセルで理想のシステムトレード

販売は9月14日なので、まだ発売されていないのですが、非常におもしろそうな内容だと思ったので紹介します。

エクセルを使って、自動売買プログラムを作ろうと言うものです。
以下、商品の説明からの抜粋です。

「あなたのパソコンのExcelが強力なトレードツールになる!
VBAで自分の売買ルールを理想通りに検証・実践できる
インターネットやPan Active Market Databaseからデータを自動取得
テクニカルチャートの自動表示と自動最適化
売買手法の構築と自動検証
リアルタイム売買シグナルの自動表示
自動売買システムの完成 」

自分の売買システムを構築したいと考えている人にはおもしろい内容ですね。
最後は自動売買システムの構築までされるようです。ただ見る限り、対象は「株」だと思いますが・・。テクニカル分析などは株もFXも共通なので十分利用できるでしょう。

先行予約受付中みたいです。もし興味をもたれた方はどうぞww。

| | コメント (0)

2006年9月 5日 (火)

ロボットにエラー

スーパーカブロボにエントリー中のロボが予選審査中にエラーになったようです。

こんなメールが来ました(笑)。

あなたのロボットが、予備審査中にエラーで停止しました。
エラーの状況は以下の通りです。
修正後、再チャレンジをお願いします。

[エラーメッセージ]
■エラー1
java.lang.NullPointerException:
at robot.screening(robot.java:108)
at jp.tradesc.superkaburobo.sdk.driver.AbstractRobotDriver.startRobot(AbstractRobotDriver.java:170)
at jp.tradesc.superkaburobo.sdk.driver.SDKRobotDriver.start(SDKRobotDriver.java:688)
at jp.tradesc.superkaburobo.sdk.driver.RobotDriver.main(RobotDriver.java:21)

どうやらNULL例外が発生したようです。

スクリーニング時に算出した売買ポイントなどはメモ機能によって保存できるのですが、日によってはスクリニーングがない場合があるそうです。売買時にはメモから情報を取得するのですが、ない場合はNULLが返ってくるらしいです。その場合にNULL例外が発生します。

ちゃんとマニュアルとかに書いておいてほしいですね・・。せめてバックテストでエラーがでていれば事前にわかるのに・・。

とりあえずちょこちょこっと修正して無事本線にエントリーできました。

| | コメント (8)

2006年9月 4日 (月)

新システムへの移行は良いけれど・・

FXA証券がサーバを日本に移行するみたいですね。

9月16日・17日にに移行するみたいです。これまでVTTraderはサーバが弱いのが欠点と言われてきましたが、独自のサーバを立てることでより強固なサーバになることを祈ります。

さすがに日本におくということは対象は日本人だけでしょうから、そういう意味ではかなりトラフィックは減るんだと思います。期待大ですね^^。

それにともない新しいVTTraderというかChartTraderをインストールする必要なのですが困ったことがあります。

ChartTraderは古いバージョンのVTTraderを基準に作られているため、バージョンが古いのです。具体的には、VTの最新は1.8.1なのですが、ChartTraderは1.7.7.3です(06年9月4日現在)。

バージョンが古いと言うことは新しい機能が使えなくなるということで、実はVTフォーラム(http://forum.vtsystems.com/)にあるトレーディングシステムのうち動かないものがけっこうあります(わりかと古いものは動くと思います)。おそらく新しく追加された関数、もしくは仕様を使っていると思われるのですが、その部分がコンパイルエラーとなります。これではフォーラムにある多数のシステムが使えず、非常にもったいないですよね。

この点は是非ともFXA証券さんに改良してほしいところですが・・。

| | コメント (4)

2006年9月 2日 (土)

トレードシステムを作ってみよう

スーパーカブロボのためのこんな本が出てました。

株式自動売買ソフトウェア スーパー・株ロボを作ろう! Book 株式自動売買ソフトウェア スーパー・株ロボを作ろう!

著者:鳥海 不二夫
販売元:秀和システム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロボを作っている途中に売り注文の方法がどうしてもわからなかったのですが、この本にサクっと載ってました。どうやら売り注文は指値注文しかできないようで、ずっと成り行きばっかりでロジックを組んでたので発注できないわけです。もっと分かりやすく書いてほしかったな・・。

その他もカブロボSDKについている言葉足らずのJavaDocを補完するように、API試用が細かく収録されていました。もしかして、参加者はこの本を買えという事なのでしょうか?(笑)

それにしても、この本はなかなか良く出来ていて、もちろんカブロボ大会自体の説明もありますが、JAVAプログラムの基礎カブロボの組み方様々なテクニカル分析の説明と使い方カブロボSDKの詳細な仕様説明など、本を読めば、誰でもカブロボを作成できるような内容になっていました。

対象は株なので、為替とは無関係だと思われがちですが、実はテクニカル分析やシステムトレードというのはどのような投資対象でも共通なものがあります。

もしテクニカル分析を用いたシストレ、自動売買プログラムを自分でプログラムを作ってトレーディング手法を検証してみたい!という方がおられたら、一度手に取られてはいかがでしょうか?おもしろいと思いますよw。

| | コメント (2)

2006年9月 1日 (金)

カブロボエントリー

スーパーカブロボにエントリーしようと思って、悪戦苦闘すること、はや一ヶ月・・(前回の記事はこちら

ようやく試作1号機ができあがりました。ルールはシンプルなブレイクアウト系のものですが、カブロボのAPIの使い方がわからず、思った事ができずに苦労しました^^。

言葉足らずのjavadoc・・もっとちゃんと説明してほしい。あとは株特有の言葉とかにもすっかり惑わされました。

なにはともあれ取り合えずできたので実行。できてしまえば、非常に簡単にバックテストしてくれるので良いですね。

テスト結果は、こんな感じでした。

■■最終成績表■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
--●取引データ●--------------------------------------
取引開始日             :2004-09-01
取引終了日             :2005-08-31
経過日数(日)           :365
運用日数(日)           :245
総トレード数            :41
勝ちトレード数           :12
負けトレード数           :29
年間平均トレード数         :28
連続勝ちトレード数         :3
連続負けトレード数         :6
全トレード平均期間(日)      :21
勝ちトレード平均期間(日)     :35
負けトレード平均期間(日)     :15
最長フラット期間(日)       :2
トータル約定金額(円)       :1294852500
--●勝率データ●--------------------------------------
勝率(%)             :29.27
最大年間勝ち月数率(%)      :50
最小年間勝ち月数率(%)      :50
平均年間勝ち月数率(%)      :50
--●損益データ●--------------------------------------
トータル純損益(%)        :13.35
勝ちトレード純利益(%)      :18.02
負けトレード純損失(%)      :-12.74
買いトレード純損益(%)      :5.28
売りトレード純損益(%)      :0
平均損益(%)           :0.07
平均利益(%)           :4.08
平均損失(%)           :-1.59
年次平均損益(%)         :15.5
最大勝ちトレード(%)       :10.86
最大負けトレード(%)       :-4.71
--●指標データ●--------------------------------------
平均ドローダウン(%)       :6.9
最大ドローダウン(%)       :15.75
損益レシオ(倍)          :3.42
プロフィットファクター(倍)    :1.41
年次平均損益/最大ドローダウン(倍):0.98
月次シャープレシオ(倍)      :0.21
年次シャープレシオ(倍)      :0.77
新規シグナル発生確率(%)     :1.49
返済シグナル発生確率(%)     :25.27
年次利回りボラティリティ(%)   :20.21
--●エントリー基準●----------------------------------
トータル約定金額 [2000万円以上]:合格
トータル純損益  [ 0%以上]   :合格
最大ドローダウン [30%未満]   :合格
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

勝率がかなり低いですが、ブレイクアウトのシステムだから仕方が無いとして、、損小利大なので一応利益はでました。

ま、適当に作ったので、まずはこんなもんで良いでしょう。さっそくエントリーしてみました。

少し使い方がわかってきたところで、次はどんなのにしようかな・・(笑)

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »