« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

mixi登録しました。

最近なにかと話題のmixiに、登録してみました。

Mixi

※一応、mixiをはじめとするSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の説明はこちら

けっこうFXブロガーの方や、有名な方もたくさん登録されていておもしろいです。

まだ登録したばかりなので、あまりマイミクさんがいません。もし読者の方で、既にmixiやっている人がいましたら、是非マイミクの申請してくださいっ。ニックネーム検索「FXPG」ででてきます(一人しかいません(笑))。

あと、コミュ「完全自動売買への道」を立ち上げてみました。まだ参加している人はいませんので是非参加してください。

このコミュでは、自動売買ができるFX業者、トレードシステムの情報や、プログラミングに関する質問もOK。 とりあえず完全自動売買に関するノウハウを集積できるコミュニティにしたいと思っています。

どうぞ、よろしくです!

★★★いつも応援ありがとうございます。おかげさまでランキングも上位を維持しています。★★★

| | コメント (2)

2006年4月29日 (土)

GWを有効利用するゾ!

GWを利用して日ごろ読めない本とかを読んでみようかと思っています。でも、「システムトレード」とか、「自動売買」の本って専門的な著書が多くて、けっこう高い本が多いんですよね。まずは本屋で立ち読みでもしてみようかな(売ってればですけど・・)。

今のところ気になっているはこちらの本です。
もし、既に読んだ人がいれば、感想聞かせてください。

(1)売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!」

おすすめ度:★★★★☆ (Amazon評価)

今一番ほしい本です。
相場金融工学の考え方から、システムの作り方、そして評価法まで記述されているとのこと。「資金残高曲線分析」、「マネーマネジメント」、「データスクランブル」という聞きなれない単語がでてきますが、どういう意味でしょうね。なんだか難しそうです。しかし、かなり興味がそそられています。

が、高い!!他のもそうですが、ちょっと買ってみようかな~。というレベルではないですね。でも、その辺の1~2万の商材を買うくらいなら、買ってみる価値はあるのかな。

(2)トレーディングシステム入門 ― 仕掛ける前が勝負の分かれ目

おすすめ度:★★★★★ (Amazon評価)

レビューのところを読んでいると、かなり盛りだくさんな内容ですね。カスタマレビューでの評価もかなりよく、こちらも非常に惹かれています。(1)に比べると若干安いですが、こちらもまずまずの値段です。悩みどころですね・・。

(3)マーケットの魔術師 システムトレーダー編~市場に勝った男たちが明かすメカニカルトレーディングのすべて

おすすめ度:★★★★☆ (Amazon評価)

14人のトレーダーとのインタビュー集になっているようです。カスタマレビューでは評価がわかれていますね。読む人によって受け止め方が違うということでしょうか。

(4)株式自動売買ソフトウェア 株ロボを作ろう!

おすすめ度:★★★☆☆ (Amazon評価)

こんなのも、趣向が変わってておもしろいかも。Javaで作るそうですがプログラムのノウハウなど、かなり実用的かもしれません。

(5)株を極める! システム売買 プロのノウハウ

おすすめ度:★★★★☆ (Amazon評価)

これは、私はすでに読んだ本です。今まで何度か紹介してきましたが、必見です。しかも値段も手ごろですので、まだ読んでない人は是非どうぞ。こちらで紹介しています。

★★★著書だけでなく、こういうところにも有益な情報はたくさんあります。★★★

| | コメント (0)

2006年4月27日 (木)

続・VTTraderのメモリリーク

以前、お伝えしたVTTraderのメモリリークの続報です(記事はこちら)。

4/18にリリースされたVer1.8になって改善したような気がします。
先週、今週と動作させているのですが、これまでは1日でかなりのメモリリーク(200~300MB)が発生していたのものが、このバージョンになってから1日のリーク量が40~50MB程度になったように思います。(それでも若干残っているようですが(笑)。)

このくらいのメモリリークなら、以前紹介した対策で、1週間は常時起動できそうです。1週間も持てば土日に再起動するので十分ですから。

と、思って動かしていたのに、今日サーバエラーで通信が切断されてました。。(怒)。何時に切断されたのかわからないのですが、VTTraderを再起動したら接続できました。たまに切断されるのは百歩譲ってよいとしても、復旧は自動的に行ってほしいものです。じゃないと、ほったらかしにできません・・。

VTTraderはエラー処理をもうちょっと作りこみしてほしいですね。サーバもですが・・。

と、話はそれましたが、一応Ver1.8のリリースノートがありましたので、紹介しておきます。

http://vtsystems.com/en/products/releases/

最後のほうに、「Memory leak when trading system was added/removed from chart resolved. 」とありますが、チャートを追加したり削除したときのメモリリークは解消されたようです。それ以上はメモリリークについては触れてられていないのですが、どうなんでしょうね?本当に改善されたのかどうかは不明です。

ただ、別の不具合の改修によってメモリリークもなくなったというのはありがちな話だと思うので、真相はどうあれリーク量が減るならそれで良し!!ですね。どんどん改善してください!

完全自動売買ができるFXA証券の口座の開設はこちらから。→ 口座を開設する

★★★参考になりましたら、応援お願いします!★★★

| | コメント (0)

2006年4月26日 (水)

パフォーマンスキャピタル

パフォーマンス・キャピタル(株)というFX業者があります。

http://www.fx-japan.com/

私の知る限りは、実は国内業者では唯一、MetaTraderを利用できる貴重なFX業者なのです。FXStationというソフトですが、内容はMetaTrader4相当になります。

MetaTraderが使えると、豊富なライブラリに加え、C言語ライクな言語が利用できますので、かなり自由度の高いプログラミングができるようになります。しかしMetaTraderのデメリットは海外業者でしか利用できないため、海外送金や、英語、業者のリスクなど様々な問題が発生してしまうところでした。国内で利用できるという事はそれだけでメリットがあるため以前から注目していました。

しかしながら、残念なことに自動売買はできないようです(少なくとも私の環境では)。

オーダー発注時に以下のようなエラーがでます。

  • error(133): trade is disabled
  • trading by experts is prohibited

エラー内容からすると、サーバがExpert Advisorsによるトレードを禁止しているようにも思えるのですが、理由はよくわかりません。パフォーマンス・キャピタル(株)の担当者の方ともやり取りをさせていただいたのですが、未だ解決はしていません・・。

ちなみに私の環境ではダメでしたが、動いている実績を持っておられる方は、おられますでしょうか?もし情報をお持ちなら連絡頂けるとありがたいです。

ただExpert Advisorsは動きませんが、インディケータなどは利用可能です。ソフトも軽く、使い心地も良いので、もし興味があったらどうぞ。こちらから。

★★★なんと、ランキングで5位になりました。ありがとうございます。★★★

| | コメント (2)

2006年4月25日 (火)

祝☆100記事達成♪

祝☆100記事に達成しました。ありがとうございます!

2月初旬からこのブログを開始して今日で77日が経過。今回で100個目の記事ですから、1日平均1.2記事。けっこうハイペースですね。飽き性の自分がよく、ここまでできたものだと関心しています(笑)。そして、アクセス総数はおよそ45,000件で、今では一日に800件~1200件くらいのアクセスをしていただいています。

本当にありがとうございます。自動売買をテーマにしていますが、皆さんの関心は高いんだなぁー。と感じています。

これからも自動売買に関するノウハウを蓄積して、できるだけ簡単にご紹介できたらと思います。あとこれまで書いてきたノウハウも探しにくいので、目次を作るか、ホームページとして1つにまとめるとかしようかと考えています。検索とかもできたらいいかな。

本題の売買システムもたくさん作りたいし、便利ツールもたくさん作りたい・・。もちろんFXに関する基礎もしっかりと勉強したいし、まだまだやりたい事はたくさんあります。でも、やっぱり一番の目的は「儲かる自動売買システムを作る事!」。これにつきます。是非、そんな夢のシステムが完成するまで、是非お付き合いください。m(_ _)m

有益な情報をご提供できるようがんばりますので、今後ともよろしくお願いします。
もし、こんな特集してほしいとか、自動売買に関することで調べてほしい事(記事にしてほしい事)がありましたら、こちらまでメールください。

★★★いつも応援ありがとうございます。おかげさまでランキングでも上位に食い込んできました!★★★

| | コメント (3)

2006年4月24日 (月)

超円高で凹んでます

かなり円高ですねー。これまでのレンジをブレイクすると一気にいきますね・・。

ジグザグトレードがかなりやられています。昨日まで含み損1122pipsだったものが、今日現在で4200pipsまできています。やはり、こういう相場にはかなり弱いですね(^^;)。コツコツ利確も全然ないし。

ま、そもそも、このくらいの含み損には楽勝で耐えられるくらいの資金配分をしてるので全然問題ないのですが、それでもコツコツ積み上げてきたものが一気に壊される感覚はあまりいいものじゃないですね。また戻ってきてくれる事を信じて気長に待ちます。

やはりロングだけでなく、逆にショートももったほうがいいのでしょうか。もしくは、ジグザグのまったく逆のポジション構築にするとか。ある一定値で損切りしていくとか。こういうブレイクをどのように想定するかが課題です・・。

それにしても、円相場はかなり激しいですが、あいかわらずポンスイなんかは全然動いていませんね。ジグザグやるならやっぱりポンスイとかの方がいいんでしょうね。乗り換えようかな~。

★★★超円高の理由はこちらからどうぞ。★★★

| | コメント (0)

2006年4月23日 (日)

ポジション報告(今週は不調)

今週も、ジグザグトレードの結果を報告しておきます。
今週はかなり下げましたね。今週の結果は、

利益確定(4月17日~21日の結果です)
116.80 → 117.00 3回
117.00 → 117.20 1回
117.20 → 117.40 3回
117.40 → 117.60 5回
117.60 → 117.80 4回
117.80 → 118.00 2回
118.60 → 118.80 1回

1週間で計19回の利確と、ちょっと少な目でした。下げてたので仕方がないのですが・・。一応これまでのトータルの結果は、

利益確定1120pips 対 含み損1122pips 118.80から買い下がり

先週まではかなりプラスだったのに、一気にプラマイ0まで持っていかれました。この手法の悪いところがでてきましたね・・。逆に動くと階上的にリスクが増えていきます。しかも、ここらへんで反転してくれると助かるのですが、下げたところで終わってしまったので、嫌な感じが残ってしまいました。来週の動きに注目ですね。

来週はGW前という事で、以前に買った本(外国為替トレード 勝利の方程式)の「相場の季節性」によると4月後半は円売りが活発になる時期とのこと。そうなってくれるとありがたいのですが・・。

さてさて、今週末は旅行で非常に疲れてしまいました。メールとか色々頂いているのですが、すぐに返せなくて申し訳ありませんm(_ _)m。次週早々に返事書かせていただきますので、今しばらくお待ちください。

★★★来週の相場予想はこちらからどうぞ。★★★

| | コメント (0)

2006年4月21日 (金)

新★自動売買環境

いきなりですが自動売買専用マシンを買い替えました。

前のマシン(彼の記事はこちら)は自動売買専用で買ったのですが、1ヶ月ちょっとしか持ちませんでした(笑)。といっても、別に壊れたわけではなく、けっこう古い機種だったので騒音に耐えれなくなってきたからです。

CPU負荷が高くなると、ウィーンという音が聞こえてきます。特にVTTrader(FXA証券)を起動しているときは若干テンションが高くなるようです。まだ朝や昼はいいのですが、夜中はきついですね。やはり、いくらなんでも安物(7000円)すぎたかもしれません。

で、この際、思い切って買い換えました。といっても、やはりYahooオークションを使いましたが・・。しかし、今度のはすごいです。なんと3万円にグレードアップしました。

  • CPU: Pentium4 2.2GHz
  • メモリ: 512MB
  • HDD:40GB
  • 1000BASE-T LAN
  • WindowsXP Pro
  • モニタなし。キーボード、マウスあり。
  • 3万円侮ることなかれ。十分すぎるほどのスペックです。しかもXPProがついているのが、うれしいところです。是非、皆さんも有効活用してください。->Yahooオークションでパソコンを検索!

    でも本当は、こんなの(Dimension 9150)や、こんなの(OptiPlex GX620)がほしいところなのですが、それは儲かってから買います。

    さて、土日にセットアップしたいところなのですが、土日は友人の結婚式があるので神戸まで行きます。帰ってくるのは日曜の夜です。ブログもできたら更新したいのですが、たぶんちょっとムリだと思います(^^;)。毎日見てくれている皆様、申し訳ありません。それではまた。

    金曜日荒れてますね。皆さんのポジションはどうでしょうか? -> こちらから確認しましょう。

    | | コメント (0)

    2006年4月20日 (木)

    ヘルプ(Analysis tools編2/3)

    久しぶりに自動売買プログラムを作成しているときに調べた、ChartTrader(FXA証券)の関数仕様をまとめたものを紹介したいと思います。

    今回は、Analysis tools変数編の続きです。(前回はこちら
    ※なかなか難しくて、調べるのにも時間がかかってしまいます(笑)。

    <<Analysis tools編(2/3)>>

    関数名 説明
    highest(x) xのデータに対して、最大値を返す。チャート表示上のすべてが対象。
    hhv()の全期間版。
    highestbars(x) xのデータに対して、最大に達してからの期間を返す。チャート表示上のすべてが対象。
    hhvbars()の全期間版。
    highestsince( x , y , z ) zのデータに対して、xの期間のうち最大値を返す。xの期間には現在を含めます。yは不明。
    inside() 本日の高値、および安値(現時点における高値、安値)の範囲内であれば1を返す。範囲を逸脱した場合0を返す。
    lastvalue( x ) xのデータ(足毎)の最後の値
    llv( x , y ) xのデータに対して、yの期間のうち最小値を返す。yの期間には現在を含めます。
    例)2,6,4,3,5と推移した場合に、llv(x, 3)とすると、4,3,5の中の最小値3を返す。
    llvbars( x , y ) xのデータに対して、yの期間のうち最小に達してからの期間を返す。yの期間には現在を含めます。
    例)2,6,3,4,1と推移した場合に、llvbars(x, 3)とすると、3,4,1の中の最小値1からの期間0を返す。
    lowest(x) xのデータに対して、最小値を返す。チャート表示上のすべてが対象。
    llv()の全期間版。
    lowestbars(x) xのデータに対して、最小に達してからの期間を返す。チャート表示上のすべてが対象。
    llvbars()の全期間版。
    lowestsince( x , y , z ) zのデータに対して、xの期間のうち最小値を返す。xの期間には現在を含めます。yは不明。

    完全自動売買ができるFXA証券の口座の開設はこちらから。→ 口座を開設する

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします!★★★

    | | コメント (0)

    トレード手法を参考にする。

    本ブログの読者の方に教えていただいたのですが、今、ひまわり証券でおもしろい企画やってますね。

    みんなのトレード日記・どーやってるの?」っていう企画なんですけど、皆さんが実際に売買で試されている、おもしろい「トレード手法」(売買ルール)や、実際のトレード結果などを公開して(掲示板っぽいところで公開)、みんなで語りあうというものです。

    見ていると参考になるトレード手法もたくさんあって非常におもしろいです。「ヘッジ」の仕方を工夫してみたり、「ある特定のタイミングで逆張り」したり、「占星術」使ってみたり、、、「こんな手法があるんだー」と感心しながら見てました(^^)。

    見てるだけでもおもしろいのですが、さらに、そこで公開したルールがひまわりの審査員をうならせるような内容だと商品がでるそうです。こんな感じ。

    大賞 : 現金10万円プレゼント ・・・ 1名様
    佳作 : 現金 1万円プレゼント ・・・ 人数制限なし
    参加賞 : ひまわりトレーディングダイス ・・・ 投稿者全員
    結果発表は、5/10(月)。

    ひまわり証券はなかなかいいですね。情報も豊富だし、私も前から口座開設してみたかったので、この機会に口座開設して応募してみようかと思ってます(もちろん自動売買はできないので、情報収集用に(笑))。よかったら皆さんもどうぞ->こちらから。

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします!★★★

    | | コメント (0)

    2006年4月19日 (水)

    APIを使ってログイン2

    現在、VTTraderAPIでシステムを構築してますが、ログイン時にでたエラーについて、同じように困っている人のために紹介しておきます(ログインにでたエラーその1はこちら)。

    前回のエラーが回避されたと思いきや、今度は新たなエラーが発生しました。こんな感じです。

    VTAPI  Initialized
    Logging xxxx ...
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=0  Sent Get interface command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=1  Command HTTP error (404 Not Found).
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=2  Sent Get version command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=3  Version check OK.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=4  Sent Login command.
    User logged in.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=5  Command response error (EDOMParseError: 終了タグ 'BODY' が開始タグ 'HR' と一致していません。    Line: 11   </BODY>).

    ID=1は、前回と同じなので無視します。

    ID=5の部分で意味のわからないエラーがでました。DOMパーサエラー?ログイン時にHTMLかなんかでやり取りしてて、そのHTMLが壊れてるのか?と想像しながらもやはり意味がわかりません・・。仕方がないのでVTフォーラムで調べてみるとありました。

    Temporary connection issue. You should try logging in again later. You can safely ignore the error message itself. Do a search on these forums and you should be able to find the archived topics already discussed on this issue. You should contact your forex broker's technical support department directly to report connection diffiuculties for proper assistance. Thank you.

    まぁ要は一時的な問題なので、また後でログインしてください。だそうです・・。

    このエラーがでたのは4/16(日)だったので、メンテナンス中だったのでしょうか。ちなみに月曜日に再ログインすると無事ログインできました(人騒がせな・・)。無事ログインできた場合のメッセージはこんな感じでした。

    VTAPI  Initialized
    Logging xxxx ...
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=0  Sent Get interface command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=1  Command HTTP error (404 Not Found).
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=2  Sent Get version command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=3  Version check OK.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=4  Sent Login command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=5  User logged in.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=6  Sent Get data command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=7  Data received.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=8  Sent Get open candles command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=9  Open candles received.
    User logged in.

    とりあえず、これでVTTraderAPIを使ったログインの処理はできました。ここからはポジションの確認や、注文処理に入っていくのですが、続きはまた!

    完全自動売買ができるFXA証券の口座の開設はこちらから。→ 口座を開設する

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    | | コメント (3)

    2006年4月18日 (火)

    常勝軍団

    団員の方に紹介されて、為替ブログ「BIG WAVE」の常勝軍団に入団させていだきました(常勝軍団ってかっこいい響きですね。)。私のプロフィールも載せて頂きましたので、よかったらどうぞ。

    BIG WAVE **外国為替・個人投資家による必勝テクニック集**

    このブログは、管理人のTedさん(NYに住んでおられるそうです)が、「情報は発信すれば、その情報が必要な人たちが集まることに加えて、さらに新しい情報を提供してくれる人たちが集まる! 」という「GIVE and TAKE」な発想で運営されておられます。

    まだ入団したばかりなので、まずは過去ログなどを少しづつ見ているのですが、とてつもない情報量にびっくりしています(^^;)。トレーディングの情報なども参考になりそうなものが多々あり、非常に勉強になるのですが、なかなか読破するのは大変そうです・・(笑)。ぼちぼちといきたいと思います。

    まだまだ「ひよっこ」な私ですが、「BIG WAVE」目指してがんばります!!

    ★★★ランキングにはBIG WAVEな方がいそうですね・・★★★

    | | コメント (0)

    APIを使ってログイン

    現在、VTTraderAPI(APIの記事はこちら)でシステムを構築してますが、同じように困っている人のために、作っている最中に発生したエラーなどを紹介しておきます。

    まずAPIに付属していたサンプルプログラムなどを使ってログイン処理を行ったのですが、ログイン後に以下のようなエラーが発生しました。

    VTAPI  Initialized
    Logging xxxx ...
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=0  Sent Get interface command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=1  Command HTTP error (404 Not Found).
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=2  Sent Get version command.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=3  Version check OK.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=4  Sent Login command.
    User logged in.
    VTAPIEvent - OnServerMessage ID=5  Command HTTP error (Could not load SSL library.).

    ID=1の部分でもエラーがでているようなのですが、このエラーは無視してよいようです(将来拡張用?)。

    ID=5の部分のエラーが重要で、SSL Libraryがロードできないとエラーがでています。

    このSSL Libraryというのはなにを示すかというと、APIに付属している「libeay32.dll」と、「ssleay32.dll」を示しています。実はこのDLLはWindowsに標準搭載されているDLLで、「C:\WINDOWS\system32」の下にもあります。私の環境はWindowsXP Homeですが、このDLLの日付は2003年のものでした。APIに付属されているものは2000年のものなので、APIの方が古いのですが、実はこの古いものを利用する必要があるようです。最新バージョンでは動かないみたいですね。

    通常、DLLが実行される順序は、(1)アプリケーションと同じフォルダ、(2)Windowsフォルダとなりますので、system32にある最新バージョンのDLLが実行されてしまいエラーとなっていたようです。これを回避するためには、APIに付属しているSSL Libraryをアプリケーションと同じフォルダにコピーしておく必要があるようです。

    このようにする事でこのエラーはなくなりました。しかし、、

    続く・・

    完全自動売買ができるFXA証券の口座の開設はこちらから。→ 口座を開設する

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    | | コメント (2)

    2006年4月17日 (月)

    Flashに注意!!

    今頃気がつきましたが、Flashの動き変わりましたね。

    突然なにかと思われたかもしれませんが、先週末くらいにマイクロソフトのアップデートがかかったと思うのですが(4月月例パッチ)、ActiveXオブジェクト(Windows Media PlayerやFlash Player)の挙動が変わっています。

    Flashを使っているサイトの方は要注意です。(ちなみにパッチを当ててない方は挙動は変わりませんので、あしからず。)

    実際に動きを見てみたほうがわかりやすいですね。
    まずこちらはFlashではないバナーです。クリックしてみてください。

    そしてこちらはFlashを使ったバナーです。クリックしてみてください。

    違いがわかるでしょうか?クリックに1回ワンクッション入ります。2回クリックしないとページに飛ばないのです。

    これは、ActiveXオブジェクトの操作をユーザに許可させる意味があるようですが、ホントよけいなお世話ですね。。。ちなみにこれを回避するためには、設定がかなり手間です。Flashの部分を外部のJavaScriptファイル(~.js)に移してHTMLを「document.write」などのメソッドで書き出すようにしなければなりません。なお、JavaScriptは外部ファイルにしなくても利用できるのですが、それでは上手くいきませんでした。「外部ファイルにする」というのが重要なようです。

    具体的にはこちらのサイトが参考になると思います。 4月の月例パッチ前に、Webコンテンツを修正する

    なお、右側にあるサザのバナーには、上記の回避策を適応しています。もし、サイトをお持ちの方はFlashを使っている部分を一度チェックされる事をオススメします。

    ★★★皆さんのサイトは大丈夫ですか?ランキングで他のブログをチェック。★★★

    | | コメント (0)

    2006年4月16日 (日)

    ポジション報告(今週は不調)

    さて、ジグザグな結果を報告します。
    今週は絶不調でした。だいたい20~30回くらいの利益確定はほしいところなのですが、今週はなんと、、

    利益確定(4月10日~14日の結果です)
    118.00 → 118.20 2回
    118.20 → 118.40 2回
    118.40 → 118.60 5回
    118.60 → 118.80 2回

    1週間で計11回の利確でした。少ない!!まぁ、理由はもちろん、イースター休暇で相場が閑散。といったところなんでしょうが・・。それでも値動き的には、先週よりも若干上がったので、

    利益確定740pips 対 含み損14pips 118.80から買い下がり

    買い下がりスタート時とほぼ同じ値まで戻しましたので、ポジション数がかなり減りました。そして含み損がほぼなくなりました(ホッ)。

    さて、来週からはどうなるのでしょうか?上がるのか、下がるのか・・。ま、この手法はどっちに動いてもいいのですが(笑)。できたら下がって、適度なところで反転してきてほしい。。

    そういえば、全然関係なのですが、今日ちょっとおもしろブログを見つけました。

    プログラマの新妻

    プログラマを旦那に持つ奥さんのブログです。「プログラマは256という数字に過剰に反応する」というのには笑いました。私もよくあります(笑)。もっというと、2の乗数に反応します。2->4->8->16->32->64->128->256->512->つづく・・です。これはコンピュータの基本が、2進数(0、1)というのに由来するような気がします。2という数字が基本なんですね。

    ★★★来週の相場予想はこちらからどうぞ。★★★

    | | コメント (5)

    現在737万。この1週間が勝負。

    時々報告している「FX1」(バーチャル取引)ですが、現在737万円112位/13040人中になっています。

    そして、残り日数はあと6日。4月22日(土)で終了です。

    100位までは5000円をもらえるので、なんとかあと12位順位を上げたいですね。100位以内に入ろうと思うと金額で言うとあと10万円。手数料分くらいです(笑)。

    既にやっている人は、あと1週間がんばりましょう~。

    まだやってない人は、次回に向けて練習するもよし、よかったらどうぞ。-> ゲーム感覚で学べるバーチャル為替取引「FX1」!

    ★★★勝つために必要な情報はこちらからどうぞ★★★

    ☆一押し☆コツコツとおこづかいを稼ぐ方法はこちら。

    | | コメント (2)

    2006年4月15日 (土)

    ランキング遷移追跡ツール

    最近ちょくちょく登場するバーチャルFXを利用した、上位ランカー追跡ツール(記事はこちら)ですが、そのときに一緒に作ったツールがあったので紹介します。

    その名も「ランキング遷移追跡」ツールです。(名前は今考えました)

    上位ランカー追跡ツールでは、登録したランカーのポジションを追跡するというものなのですが、このツールは登録するランカーを選出するために使います。常に上位グループにいるランカーは見つけやすいのですが、そういう方はごく稀です。例えば、日に日に変わるランキングの中から、上り調子の方のポジションを追いかけてもおもしろそうです。仮に100位->50位->20位->??というように順位が上り調子な方を見つける事ができれば、ポジションを参考にすることができるかもしれません。

    そこでこのツールを使います。イメージはこちら。

    Lanking

    ランキングのページから上位300位の方の情報をエクセルにコピーします(コピーは手動です)。それを毎日行うことで、ランキングの遷移がわかるようになっています。

    たいそうな名前を付けましたが、VBAのできる人であれば、ものの1、2時間で作れるようなツールです。しょうもないツールですが、もしよかったら使ってください。使い方は「使い方」シートを参照してください。

    ダウンロードはこちらから。「ranking.lzh」をダウンロード

    ★ダウンロードしたら、応援お願いします。★

    外為どっとコムバーチャルFXは有効利用しましょう。 -> 登録はこちらから

    | | コメント (0)

    forex*cafe

    バーチャル取引のできるサイトを見つけました。

    エムグロースのforex*cafeという為替オンラインゲームサイトです。

    Header03

    ちょっとセレブな感じが漂う、おしゃれなサイトです。女性向けなんでしょうか・・。商品もFolliFollieとか、ヴィトンとかですし。登録の時に性別のチェック欄も女性のほうがデフォルトになってるし。

    たぶん、バーチャルFXとかに比べるとマイナーな感じなので、ねらい目かもしれません。取引開始時は100万円からスタートして、ゲーム期間はおよそ1ヶ月間。3月のランキングがでてましたが、優勝者は140万円代でした。月率140%。そんなに高い壁ではなさそうです。

    って書いてて、ここで紹介したら倍率高くなっちゃいますね。ま、いっか。

    取引は、主要7通貨に加え、香港ドル・韓国ウォン・人民元が利用できます。レバレッジは10倍です。預託証拠金維持率が25%以下になるとゲームオーバーです。

    ただ、ちょっと残念なのが現在のランキングがわからないことや(孤独な戦いですね。)、他の人の取引状況が見えない事でしょうか。

    ぜひ、どうぞ。->外国為替をゲームで体験!emFX!

    ★★★今週の皆さんの成績は?ランキングから確認。★★★

    | | コメント (0)

    2006年4月14日 (金)

    あなたの夢を実現させます。アイデア募集!

    おかげさまで、バーチャルFXを利用した、上位ランカー追跡ツール(記事はこちら)は御好評でした。使ってみたいとメール頂いた方々、ありがとうございます。

    特に、

    • 非常によくできている。使い方が簡単。
    • ポジション状況がメールで送られた時はうれしかった。
    • 説明もわかりやすく使い勝手もよかった。
    • おもしろいですね。これ。

    といったご感想をいただけました。

    正直、Click Once(.NET FrameWork2.0)を利用した配布は初めてだったので、上手く使えるか、動作するか、心配だったのですがホッとしました。

    それにしても、作ったソフトを使っていただけるのは、なかなか良いものですね。利用者側ができるだけ使いやすく工夫してみたりするので勉強にもなりますし、実際使ってもらって喜んでもらえると嬉しくなります。あとはこれで儲けてもらえたらベストなんですが・・。儲かったら、是非喜びの声を聞かせてください!

    ところで、ちょっと調子に乗ってみます。もし、こんなソフト(もちろんFXに関することですよ。株でもいいですが・・。)があったら便利なんだけど、自分では作れないし・・なんて方はおられますでしょうか?実現できるかどうかわからなくても良いです。アイデアを募集します!!私宛にメールください。(これを言うために、胡散臭いタイトルになってしまった・・(^^;))

    おもしろいアイデア、簡単に作れそうなアイデア、儲けれそうなアイデア、など、私が確かにこれは作ってみる価値あり。と、共感できたアイデアに関してプログラムを作ってみたいと思います。

    もちろん、規模によりできる/できないはあります。もしかしたら実現不可能なものもあるかもしれません。その場合はご了承ください。メール、お待ちしております。

    ※なお、頂いたアイデアについての諸権利については、FXPGに帰属します。あしからず。

    上位ランカー追跡ツールは、外為どっとコムバーチャルFXを有効利用しています。 -> 登録はこちらから

    そういえば、以前紹介した【キーマンズネット】(記事はこちら)ですが、意外と登録された方多いですね。ありがとうございます。やはりITというキーワードに興味を持つ方が多いようです。

    ★★★もう少しでランキングが5以内になりそうです!!★★★

    | | コメント (0)

    2006年4月13日 (木)

    VTTraderAPIで自動売買

    前から興味はあったんですが、全然調べきれていなかった「VTTrader API」についてご紹介したいと思います。

    私がその存在を知ったのはVTTraderを採用している「CMS Forex」というFX業者だったのですが、VTTraderを開発している「Visual Trading」社に最新のAPIがありますので、そこからダウンロードしたほうが良いでしょう。ダウンロードはここから-> http://www.vtsystems.com/en/products/

    まず、APIとは何かというと、「Application Program Interface」の略で、エーピーアイと読みます。このAPIには様々な関数などが1つにまとめられており、この場合ですとDLLという形式で固められています。このDLLをプログラムに関連付ければ、このAPIに含まれている関数群をプログラムから呼び出す事ができるのです。

    そして本題ですが、この「VTTrader API」には多数の関数が用意されています。どのようなものかというと、例えば

    • サーバにログイン/ログアウトする
    • アカウントの情報を取得する
    • オーダーを発注する、削除する、取得する
    • ストップやリミットを付ける、変更する
    • 過去の取引情報を参照する
    • 他にもたくさん・・

    など、VTTraderの一通りの操作を行う事ができる関数が用意されているのです。

    これまで自動売買の環境としてオススメしていたVTTraderですが、一度プログラムをやった人だとわかると思うのですが、売買ルールの実装に自由度がありません。for文はないし、if文もネストが複雑になります。また一番ネックなのがオーダーに関する関数がない事でしょうか。たとえばストップやリミットを付けたり、指値注文はできません。これだけでも売買ルールがかなり制限されてしまいます。

    まぁ一般的によくある、指標を用いてサインを点灯させ、買いと売りを交互に発注するようなものであれば十分作れるのですが、ジグザグトレードなんかは実現不可能です(笑)。

    そこでこのAPIを利用すれば、売買ルールの実装部分を一般的なプログラミング言語(C++、Java、.NETなど)で組めてしまいますので、表現力は無限になります。MetaTraderなんかよりも優れたプログラムが可能になります。

    とりあえず、

    • このAPIがFXA証券でも利用できるのかどうか?
    • 何ができて、何ができないのか?
    • 使い勝手はよいのか?

    など、色々さぐってみようと思います。また進展があったら順次紹介していきますね。

    完全自動売買ができるFXA証券の口座の開設はこちらから。→ 口座を開設する

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    ☆いち押し☆コツコツとおこづかいを稼ぐ方法はこちら。

    | | コメント (0)

    2006年4月12日 (水)

    ITの世界を垣間見る

    このサイトにもオファーが来るようになりました!是非ともパートナーサイトとして提携してほしいというお誘いです。

    お、すげぇ~。どこのFX業者どこから来たのかな?と見てみると、【キーマンズネット】というサイトでした。聞いた事のないFX業者だなぁ~。

    と思いながらよくよく見てみると・・・、、

    IT関係の情報提供サイトでした(全然、FX関係ない・・)。プログラマーというタイトルだから来たのかな~、なんて推測しながら、それでもせっかくこのサイトに白幡の矢を立てていただいた事なので、一応宣伝だけしておこうと思います。そもそもこのサイトを見ていらっしゃる方は多少なりともITに興味を持っているのではないかと思いますし。。

    ちなみに私はこのサイトのような情報に囲まれながら仕事をしています。日々進化するIT技術を追うのはなかなか大変なのです・・。

    【キーマンズネット】とはリクルートが提供する、ITエンジニア必見の総合情報サイトです。会員登録(無料)すると、最新のIT製品・技術情報が提供されています。また、IT用語・情報を紹介するMy Linkが充実しています。

    さすが会員制とあってIT用語や、IT技術情報の記事は充実しています(必見です)。例えば、最近ホットな話題の「Web2.0ってなんだ?」という記事は、これまでのWebとの違いについてわかりやすく説明されてありました。

    それ以外にも「Ajaxってなんだ?」や、「SPITてなんだ?」「NFCてなんだ?」など(なんだシリーズ?)や、「最新IT激売れ5」、「究極の個人情報(生体認証)」「ネットワーク早分かり口座」「凄腕アナリスト市場予測」など、なかなか興味深い記事が盛りだくさんでした。

    また例えば、「スカイプ」「XML」「ユビキタス」「RFID」など、わからないIT用語があったら、すぐに意味を引ける単語帳も便利です。

    いかがでしょうか?本来であればIT技術者向けの技術サイトなのですが、IT技術者でなくても有効活用できるかもしれません。もしよければどうぞ。->http://www.keyman.or.jp/

    ★★★相場予想はランキングからどうぞ。★★★

    | | コメント (2)

    2006年4月11日 (火)

    トレーディングシステム試運用

    VTユーザフォーラム(記事はこちら)で公開されていた、いくつかのトレーディングシステム(自動売買プログラム)をダウンロードして動かしているのですが、色々なシステムがあっておもしろいですね。これといったものはまだ見つかっていませんが、システムによって特徴があって勉強になります。

    皆さんは良いシステム、見つかりましたか?

    私の場合は、まず参照回数の一番多かった「Lsma Stdev Trading System」というスレッドから、「LSMA_ColorBeta06JPY.vttrs」というシステムをダウンロードして試してみました。(なんとなくJPYという文字が目に付いて・・)

    こんな感じになりました。ドル円15分足に適応しています。

    Lsma

    売買タイミングはなかなか良い感じだったのですが、実際に使っているとかなりナンピンしてくれました。一番多くて8ロットくらいまでナンピンしてたでしょうか。できればロングとショートを1ロットずつ交互に入れ替えてくれるほうが精神的に安定するので、ちょっと怖くなってやめました(笑)。

    次に試してみたのが(これは現在進行中)、「Profit Generator - Modified VT-Moving Average Cross System 」というスレッドの「C_ozkevin_MACTS_mod07.vttrs」というシステムです。

    こんな感じになりました。ユーロドル5分足にしています。パラメータはフォーラムで紹介されていた25、110、10で試しています。

    Cozkevin

    こちらのほうは、逆にサインが全然点灯しませんでした。今週ずっと動かしていたのですが、今日やっと点灯しました。でもトレーディングシステムを「開始」するのを忘れていて、ポジションは取れませんでしたが・・。

    ま、ぼちぼちと試してみます。皆さんも試してみて、他にも良いのが見つかったら教えてください。

    システムを試してみたい方は、FXA証券のチャートトレーダーを入手してください。→ こちらから

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    | | コメント (1)

    2006年4月10日 (月)

    上位ランカー追跡ツール

    先日少し紹介した、バーチャルFXを用いた上位ランカー追跡ツールですが(記事はこちら)、何人かの方から使ってみたいとメールを頂きました。ありがとうございます。

    もともと自分用にしか使わない予定でしたので、個人設定を埋め込んだベタなプログラムだったのを汎用的に改造しました。
    また、以前は.NET FrameWork1.1で作っていたのですが、最近.NET FrameWork2.0が登場したので、そちらの環境に移植するのとで(こちらは興味本位)、かなりの大改造になってしまいました。

    2.0の勉強も兼ねた大改造でしたが、けっこう使い勝手がよくなってますね。基本的なライブラリも便利なものが増えているのですが、特にClickOnceという技術が非常に良かったです。

    >>ClickOnceの説明はこちら。「ClickOnce の配置の概要」

    ClickOnceとは、ノータッチデプロイメントの後継技術にあたるのですが、配布が非常に簡単に出来る事が特徴です。特に.NETで作ると.NET FrameWork2.0という実行環境が必要になるのですが、この環境が入っていない環境でも自動的にインストールしてくれます。まだ使いこなしていないですが、更新プログラムの配布もできるようです。

    ただ、簡単な分、細かい設定はできないので(レジストリを更新したりとか)、やはりインストーラの優位性も残るといったとこでしょうか。適材適所で使い分ける必要があると感じました。

    とまあ、技術的なところはこんな感じですが、メールを頂いた方はこの「上位ランカー追跡ツール」を使って是非とも儲けてみてください。なお、上位ランカーの方も100%勝つわけではなく、負ける事も多々あります。そしてバーチャルよりリアルのほうが常に不安感に付きまとわれます。トレード内容は非常に参考になりますが(上手い方多いです)、結局は自分との戦いになるかと思います。がんばってください。

    使い心地の感想もお待ちしております。
    ちなみにまだほしい人がいたら、私宛にメールください(残りわずか)。

    今日からいよいよ始まりました。バーチャルFX「イングランド杯」。是非、有効活用しましょう。 -> 登録はこちらから

    ★★★おかげさまでランキングも上位になりました。ありがとうございます。★★★

    | | コメント (0)

    2006年4月 9日 (日)

    ポジション報告(リアルな結果)

    さて今週から、ジグザグトレードをリアル口座で動作させています。
    1週間の結果を報告します。まだレンジ相場なのでかなり取りやすかったのと、結局1週間で118->118と同じような水準に戻ってきた事から、けっこう頂きました(笑)。ずっとこんなんだったらいいのに。

    利益確定(4月3日~7日の結果です)
    116.80 → 117.00 1回
    117.00 → 117.20 1回
    117.20 → 117.40 1回
    117.40 → 117.60 9回
    117.60 → 117.80 6回
    117.80 → 118.00 2回
    118.00 → 118.20 4回
    118.20 → 118.40 1回
    118.40 → 118.60 1回

    1週間で計26回の利確が発生しました。ちなみに現在のところ、118.80から買い下がってきましたので、

    利益確定520pips 対 含み損100pips

    です。もう400pipsも頂きました。(こんなに簡単でいいのか・・(^^;))
    ただ、さすがにそろそろレンジブレイクのしそうな気もしますので、円高方向にブレイクすると一気に含み損が増えるので気が抜けません。

    さて、このジグザグですが現在はロング方向しかポジションをとっていません。時々、ロングだけではなく、ショート方向にも同時にとってトレードすれば、リスクヘッジになるんじゃないかというお言葉を頂戴することがあります。

    少し考えてみたのですが、例えば現在はロングでやっていますが、もし仮に超円高になったとしたら、損切りしない+ポジションが増えるので含み損は雪だるま式に増えていきます。逆にドル高方向に動いたら20pips毎に決済していきますので、雪だるま式には増えません。つまりロング方向の利益よりもショート方向へのリスクがはるかに高いわけです。

    という事は、ロング方向、ショート方向へポジションを同時に持つとすれば、円高になればショート方向へのリスクが増大、ドル高になればロング方向へのリスクが増大。となってしまいますので、片張りよりもリスクが増えてしまうのではないかと思うのです・・。

    やはりリスクを抑えるためには、どこかで損切りする必要があるのでしょうが、損切り幅もまた悩ましい問題です。せまくてもダメ、ひろくてもダメ。じゃぁどれくらいが良いのか?そのへんも含めて調査してみようと思います。いやはや課題が多い・・。

    ★★★来週の相場予想はこちらからどうぞ。★★★

    外為どっとコムの、バーチャルFX「イングランド杯」がいよいよ明日からスタートです。登録はこちらから。

    | | コメント (0)

    2006年4月 8日 (土)

    休日を利用して勉強しよう。

    最近見つけたFX取引業者で、なかなか役立ちそうなところがありましたので紹介します。

    アイビックジェイピードットコムというFX業者なのですが、知っていますでしょうか?

    証拠金2万円、スプレッド3銭(ドル円)、手数料片道100円、とまずまずの好条件で利用できます。また通貨ペア数は14個なのですが、香港ドル、人民元、韓国ウォン、南アランドが利用できたりと、ちょっとおもしろいかもしれませんね。

    で、なにが役立つかというと、サイトがけっこう丁寧に作られていて、勉強になる記事(情報)が多いのです。

    例えば、「取引通貨紹介」のページでは、米ドルや、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、加ドル、香港ドル、韓国ウォン、中国元、シンガポールドル、南アランドなど取り扱われている通貨に関しての説明が載っています。通貨毎の歴史的な背景や、どんな国なのか?が良くわかるようになっています。

    また、「テクニカル分析講座」では、ローソク足から始まり、移動平均線、サポートとレジスタンス、パターン分析、サイコジカルライン、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、MACD、RSI、一目均衡表・・など様々なテクニカル指標を勉強できてしまいます。

    「相場格言集」のページもおもしろそうでした。「相場のことは相場に聞け」「利食い千人力」「押し目待ちに押し目なし」など、59もの格言の詳細説明が見れたりします。なるほどーと思わされる内容ばかりです。

    FXの初心者向けの本を買うくらいなら、このサイトで勉強したほうが良いかも知れません。けっこう盛りだくさんな内容で、読み応えがありますよ。私的はやはり自動売買のプログラムを書く以上、「テクニカル分析講座」はちゃんと読破したいところです。

    もし良かったらどうぞ。↓
     http://www.ibic-efx.com/suggest/index.html

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    | | コメント (0)

    バーチャルFXとその有効利用

    外為どっとコムの、バーチャルFX「ドバイ杯」が今週で終了しました。1位の方は1,600万を超えてますね。すごい。私は全然ダメでした(笑)。外為どっとコムでも自動売買できたら、ジグザグで参加するのになぁー。

    でもよく考えたらWebのシステムを採用しているところって、自動売買させようと思えばできるんですよね。基本的にWebのシステムって、次画面に遷移するときにURLでパラメータを与えるタイプか、Formでパラメータを与えるタイプの2とおりしかありません。渡されたパラメータを見て、サーバ側でどのような画面を出すかを判定しているだけなので、そのパラメータさえわかれば良いのです。どのようなパラメータかっていうのは、HTML or JS見れば想像つくので、それさえ解読できればプログラムから簡単に呼び出す事が可能です。(Flashや、アプレット使っている場合はちょっときついかもしれませんが・・。)

    といっても、解読するのはとても面倒なので、やる気も起こりませんが・・。と、そんな事を思っているうちにふと昔に作ったプログラムを思い出しました。こんな感じ(名前は伏せてます)。

    Fx2

    説明すると、バーチャルFXではランキング上位の方の取引内容を随時見る事ができるのですが、上位ランカーの取引を参考にすればリアル取引でも有効になるのでは?と考えた時がありました。ランキングは日に日に変わりますが、ある特定の人は常にトップに入っていたりしているので、その人の動向を常にウォッチして、ポジションをマネできれば勝てるのでは?という発想で、これを作りました。

    事前にウォッチしたいバーチャルFXの上位ランカーの方を登録しておくと、プログラムが一定周期で取引状況をウォッチしつづけます。そして取引があれば取引内容を記載したメールを送信してくれます。(これはHTMLの構造を解読して作りました)

    私は10人前後の上位ランカーを登録し、これを携帯に配信してして使っていました。実際に何万円か儲ける事ができたのですが、結局、上位ランカーの方を信じられずに自分の判断が入る事が多くなりだしたのでやめました(^^;)。

    このプログラムほしい人いますか?もしほしかったら、いくらだったらほしいか?を記入のうえ、私宛にメールください。ちなみにこのプログラムを不特定多数の方にネットとかで公開するつもりはありません。なぜなら周期的に外為どっとコムに見に行くのでWebサーバに負荷がかかると迷惑をかけるかもしれないので。もし万が一たくさん応募があっても数人だけにしたいと思っています。あしからず。

    ま、こんなプログラム使わなくても一日に2,3回ランキング見てれば、そこそこついていけますけどね(笑)。バーチャルFXは有効利用しましょう。 -> 登録はこちらから

    ★★★とうとうランキングで10以内に入りました。ありがとうございます。★★★

    ☆順調にFXの種銭が貯まっています。コツコツ派にオススメ。☆

    | | コメント (2)

    2006年4月 7日 (金)

    人間的性質に従うと・・

    最近、かなり影響されている「システム売買 プロのノウハウ」(記事はこちら)ですが、少し興味深かったところを紹介します。

    研究によれば、相場では人間の行動があらわれるそうです。人間の性質、つまり恐怖と欲望。相場で人間的性質に従ったらお金を失うそうです。人間的性質に逆らってトレードできる者だけが勝てるとのこと。「人間の判断は本質的に損を招く」んですね。損失の恐怖と欲望に正しい行動が狂わされ、全員が負ける・・のだと。(詳しくはこちら

    これだけ聞いてると人間ってなんてバカな生き物かと思いますよね・・。

    でも確かに自分自身、裁量トレードで成功した試しがありません。儲かるときもあるけど、トータルで損する事があきらかに多いです。唯一、バーチャルとかで取引しているときは、勝つことが多いです。いまのところ、トータルでマイナスになった事はありません。。恐怖がまったくないからなんでしょうね。

    やはり少なくとも私自身は、普通の人だと思います。恐怖に打ち勝ち、数少ない勝利者になれるような器ではないと思っていますので、こういう言葉は胸にひびきます。

    やはり自分にはシステムトレードしかない。しかも相場をできるだけ見なくていいように完全自動売買しかない。。と、新たな誓いを胸に、今日もひたすらプログラムを書いてます・・・(笑)。

    それにしても今週は平穏な日が多いですね。こういうときは私のジグザグは絶好調です。

    ★★★おかげさまで、かなり順位が上がってきました!ありがとうございます。★★★

    | | コメント (0)

    全然ダメです・・

    時々報告しているセントラル短資の、「FX1」(バーチャル取引)ですが、現在610万円253位/12601人中になってしまいました。(前回の報告はこちら

    なんとか商品もらえる100位以内には入りたかったのですが残念・・。ユーロが予想以上に高くなったのが敗因のようです。残り16日間まったりと行きます。でもやっぱ5000円ほしい~。

    まだ登録してない人はどうぞ。-> ゲーム感覚で学べるバーチャル為替取引「FX1」!

    そういえば、外為どっとコムの、バーチャルFX「ドバイ杯」が今週いっぱいで終了しますね。私はこちらのほうはスタートダッシュで出遅れたので、あまり参加してなかったのですが、来週からは新たな気持ちでがんばろうと思います。次こそはアルファロメオを。。

    こちらもまだ登録してない人はどうぞ。私と勝負しましょう!-> バーチャルFX

    ★★★皆さんのおかげで、かなり順位が上がってきました!ありがとうございます。★★★

    ☆こんな方法で、FXの資金をコツコツと貯めることができます。☆

    | | コメント (0)

    2006年4月 6日 (木)

    ポジション報告

    さて今週から、ジグザグトレードをリアル口座で動作させています。
    本当は、レンジでよく動く可能性、ポンスイか、ユロスイとかにしようと思ったのですが、うまく動かなかったので、結局ドル/円でやってます(笑)。
    今週もいってこい!相場だったので、けっこう取れてしまいました。

    利益確定(4月3日~6日の結果です)
    116.80 → 117.00 1回
    117.00 → 117.20 1回
    117.20 → 117.40 1回
    117.40 → 117.60 9回
    117.60 → 117.80 1回
    117.80 → 118.00 1回
    118.00 → 118.20 3回
    118.20 → 118.40 1回
    118.40 → 118.60 1回

    ここまでで計19回の利確が発生しました。117.40 → 117.60が、飛びぬけて9回もあるんですね。おもしろい。ちなみに現在のところ、118.80から買い下がってきましたので、

    利益確定380pips 対 含み損420pips

    となっており、若干含み損優勢です(笑)。
    この続きはまた週末にでも報告します。

    そろそろ、このジグザグ以外にも新しいトレーディングシステムがほしいので、色々プログラムを作っているのですが、なかなかよいものができません。作っては消し、作っては消しの繰り返しです。最低限、バックテストで成績がよくないと実際では使えないですからね。。なかなか難しいです。

    こちらの(記事はこちら)でも紹介されていた『全天候型トレードシステム』も参考にしてみたいと思います。

    ★★★皆さんのおかげで、順位が上がってきました!ありがとうございます。★★★

    | | コメント (2)

    2006年4月 5日 (水)

    ヘルプ(Analysis tools編1/3)

    ChartTrader(FXA証券)で自動売買プログラムを作成しているときに
    調べた関数の仕様をまとめておきたいと思います。

    今回は、Analysis tools変数編の続きです。
    ※このあたりになると、なかなか難しくて、調べるのにも時間がかかってしまいます(笑)。ところで、Famaって何ですか?知っている人いたら教えてください。

    <<Analysis tools編(1/3)>>

    関数名 説明
    BarsSince( x ) xの条件を満たしてからの経過回数(足数)を返す。
    例)BarsSince(H>1)とすると、Hが1を超えた足から数えて現在が何回目かを示す。
    cross( x , y ) xが上昇し、yと交差するタイミングで1を返す。逆にxが下降し、yと交差するタイミングをとりたい場合は、cross( y , x )とする。
    移動平均線のゴールデンクロスや、デッドクロスはこれを用いて実現できる。
    Fama( x , y , z) Famaインディケータを利用します。
    x:DATA ARRAY
    y:FAST LIMIT
    z:SLOW LIMIT
    例) Fama((L + H) / 2, 0.5, 0.05)
    GapDown 前回の足の終値と、現在の足の始値の間に下方向に差(窓)があれば1を返す。
    GapUp 前回の足の終値と、現在の足の始値の間に上方向に差(窓)があれば1を返す。
    hhv( x , y ) xのデータに対して、yの期間のうち最大値を返す。yの期間には現在を含めます。
    例)2,6,4,3,5と推移した場合に、hhv(x, 3)とすると、4,3,5の中の最大値5を返す。
    hhvbars( x , y ) xのデータに対して、yの期間のうち最大に達してからの期間を返す。yの期間には現在を含めます。
    例)2,6,3,4,1と推移した場合に、hhvbars(x, 3)とすると、3,4,1の中の最大値4からの期間1を返す。

    完全自動売買ができるFXA証券の口座の開設はこちらから。→ 口座を開設する

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    ☆いち押し☆コツコツとおこづかいを稼ぐ方法はこちら。

    | | コメント (5)

    2006年4月 4日 (火)

    デモ用サーバの変更

    MetaTrader4ですが、デモ口座を利用していて、先週末あたりから発注できなくなった方おられますでしょうか?

    ちなみに私の環境では、先週末くらいから「無効な口座」と表示されて、注文もできなくなりました。再度デモのアカウントを取り直そうと思っても、LoginとPasswordのところは空欄になってしまいアカウントも取れない状態でした。

    で、色々と調べていたら、デモ用のサーバが変更になったみたいですね。たぶん4月から。事前にサーバが変わるとメールで連絡が来ていたらしいですが、私のところにはなぜか来てなくて知りませんでした。一応、フォーラムに載っていましたので、やり方を残しておきます。

    「ツール」->「オプション」でオプションダイアログを開きます。

    Option

    サーバの欄に新しいサーバのIPアドレス「66.114.120.22」を打ち込み、「OK」ボタンを押す。これでサーバがMetaTraderに登録されます。

    あとは、いつもどおりデモ口座の開設手続きを行うと、取引用サーバの画面で「66.114.120.22」がでてきますので、それを選んでアカウントの作成を行ってください。

    Server

    ちなみに、MetaTraderを再起動するとサーバのIPアドレスは、「InterbankFX-Demo Accounts」という名前に自動的に変わっていると思います。

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    | | コメント (4)

    2006年4月 3日 (月)

    勝率は50%に収歛する

    以前紹介した本(記事はこちら)が、ようやく読み終わりました。久しぶりに読み応えのある本でした。

    システム売買 プロのノウハウ

    でも、まだ内容をよく理解していないところが多々あるので、わかるまで読み直したいと思います。なかなかよかったです。

    たとえば、どのような売買手法でも、「勝率は50%に収歛する」という所は共感が持てました。

    私も、相場は基本的にランダムに動いている(上がるか下がるか誰にもわからない)と思ってるので、今は勝率の良い手法でも、回数を重ねれば重ねるほど大数の法則が働き、勝率は50%に収束すると思っています。逆もまた然りで、今は勝率の悪い手法でも、回数を重ねればやはり50%に収束する。

    じゃんけんで考えるとわかりやすいでしょうか。1000回、2000回・・と回を重ねれば重ねるほど勝率は50%に収束すると思っています。じゃんけんが強い、弱いと良くいいますが、本当は強い、弱いなんてないと思っています。強いと思われている人は、最初の数回が強いだけなのではないでしょうか(最初の数回であれば心理面も多少考慮できるでしょうから・・)。

    長期で運用するのであれば、この法則を前提にしたうえでシステムの構築をする必要があると考えています。では、どのようなシステムの構築がよいのか?ですが、あまり本と同じ内容書くのもよくないでしょうから、この辺にしておきます(笑)。

    ところで、この本のアマゾンのカスタマーレビューで、☆2点をつけた方がいますね・・。悪いコメント書かれていますが、ちょっと焦点が違うような気がします。

    この本にシステム売買を行うためのシステムの構築方法を求められたようです。私にいわせれば、システムの構築方法なんて簡単です。それよりも大事なのは売買手法だと思うのですが・・。(システムの構築はお金さえ払えばやってもらえるでしょうが、儲ける売買手法はお金を出しても教えてくれないでしょう。)

    システムの構築方法でよければ、私が本でも書きましょうか(笑)。

    今日は久々にドル/円が上がってきましたね。ドル/円が強いと勝つ方が多いように思います。★★★トレーダーたちの今日の記事はこちらから。★★★

    | | コメント (5)

    2006年4月 2日 (日)

    ポジション報告(3週間の結果)

    先週の1週間、ジグザグトレードを動作させた報告をします。
    今週は相場がいったりきたりしてましたので、けっこう取れました。

    利益確定(3月27日~31日の結果です)
    116.60 → 116.80 1回
    116.80 → 117.00 2回
    117.00 → 117.20 1回
    117.40 → 117.60 4回
    117.60 → 117.80 6回
    117.80 → 118.00 3回
    118.00 → 118.20 3回
    118.20 → 118.40 1回

    1週間で計21回の利確が発生しました。しかし月曜日と火曜日にブレーカーが落ちるというアクシデントに見舞われ、残念ながら15時間ほどパソコンが止まっている時間がありましたので、実際はもう3,4回は利益確定していたものと思われます。(そういうリスク管理も大事ですね。。)

    これで合計3週間運用してみた事になりますが、利益確定分の合計分は1200pips。現在が117.65とすると、全ポジションの含み損は675pipsです。

    このプログラムを始めてから計算すると119.20->117.65まで、計155pips下がった事になるのですが、とっくに埋めてくれました。下げていく相場であっても、上下動をとっていくと、それなりに利益になる事がわかりました。地合いが良かっただけとも言いますが・・(^^;)。

    さて、このプログラムもそれなりに動作することがわかりましたので、検証はこれで終わりにしようと思います。来週からはこのプログラムをリアルアカウントで動作させてみようと思います。もちろん超小額で(笑)。対象の通貨はまだ決めていません。検証したドル/円でもいいのですが、もっとレンジで動く可能性の高い、ポンスイか、ユロスイにしようかとも考えています。

    とまぁ、とりあえずこのプログラムは勝手に動かしておいて、来週からは今考え中の新トレーディングシステムの開発を進めていこうと思っています。次は色々考えたのですが、こちらの(記事はこちら)でも紹介されていたブレイクアウトのシステムにしようと思ってます。乞うご期待。

    あとは、「VTユーザーフォーラム」(以前の記事はこちら)で、投稿されたトレーディングシステムもどんどん試していこうと思っています。先週は参照回数の一番多い「Lsma Stdev Trading System」の中のシステムを試したのですが、アクシデントにも見舞われたのもあり、いまひとつな結果になりました。。また、このあたりも紹介しますね。

    ★★★来週の為替予想はこちらから。★★★

    | | コメント (8)

    現在670万、踏ん張りどころ

    時々報告している「FX1」(バーチャル取引)ですが、現在670万円92位/12601人中になっています。

    一時期は3位まで行っていたので、だいぶ順位が落ちてきたかなーという感じですが、100位までは商品をもらえるので、なんとか踏ん張りたいところです。

    青金魚さんも78位までランキング落とされたようですね。お互いがんばりましょう~。

    残りあと20日で終了ですが、20日あればまだまだ大丈夫です。うまくいけば1日100万円づつプラスっていうのも可能ですから。まだチャンスはあると思います。

    「あきらめたら、そこで試合終了ですよ。」(by A先生)

    それにしても、まだ500万円の方(スタート時の金額)が1000位前後にいますね。今から初めて1円でもプラスになれば上位8%に入ってしまいます(汗)。

    損している人の方があきらかに多いんですね・・。やはり勝ち組って1割しかいないんでしょうか。

    逆にまだ登録していない人はチャンスです。上位狙うもよし、次回に向けて練習するもよし、もしよければどうぞ。-> ゲーム感覚で学べるバーチャル為替取引「FX1」!

    ★★★勝つために必要な情報はこちらからどうぞ★★★

    ☆一押し☆コツコツとおこづかいを稼ぐ方法はこちら。

    | | コメント (0)

    2006年4月 1日 (土)

    続、初めての海外送金

    以前、「初めての海外送金」をご報告しましたが(記事はこちら)、その後を報告します。

    先日、InterbankFXから送金処理が終わり口座に反映したとの連絡を受け取りました。

    このことから、海外送金にかかった時間はおよそ1~2営業日と以外に早い事がわかりました。おそらく以下のような感じだと思います。

    • 3月29日(水)PM6:00 新生銀行で海外送金の手続き(※1)
    • 3月30日(木)朝?   新生銀行から海外送金処理、送金先の銀行に着
    • 3月31日(金)AM7:00 InterbankFXでの入金確認完了、アカウント反映

      (※1)既に通常営業時間を超えていたため、送金は次の日になると言われていました。

    実質、新生銀行からの送金処理をしてからおよそ24時間でアカウントに反映されました事になります。予想以上に早かったですね(新生銀行で手続きをしたときには、はやくても2~3営業日かかるため、来週になると聞いていたのですが・・)。国内のFX業者への入金処理にかかる時間とあまり変わらないような気がしました。

    そして手数料ですが、結局以下のようになりました。

    • 円をドルに換算するための「為替手数料」 ・・・ 1ドル1円
    • 送金自体を行うための「送金手数料」 ・・・ 4,000円
    • 送金先の銀行の「手数料」 ・・・ 0円

    中には送金先の銀行で手数料を取られるケースがあるみたいですが、今回は必要なし。送金した1,200ドルがそのままアカウントに反映されていました。

    こうして無事「初めての海外送金」は終わりました。
    ドキドキでした(笑)。

    そうそう、手数料ですが手ぶらさんのところで安くする方法を教えていただきました。シティバンクを利用すると、最大で手数料が無料になるそうです。

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    | | コメント (2)

    いいこづかい稼ぎになりました!

    最近、GetMoney!っていうポイントサイトに少しはまってます。

    一気に儲けることはできませんが、コツコツやればそれなりのおこづかいを稼ぐ事ができました(^ ^)。あまりにも簡単だったので紹介したいと思います。

    簡単に仕組みを説明すると、GetMoney!から、無料の会員登録や、メルマガに申し込みをすると、ポイントが加算され、ある一定額貯まると現金でキャッシュバックされるというものです。

    最初はお試し感覚でやってたのですが、1日に2、3個の申し込みをするだけで、この1ヶ月でなんと3000円をゲットできました。本気でやればどのくらいになるのでしょうか?いやー、いい種銭になりました。アフィリエイトとかよりも全然効率がいいかも・・。

    コツはあまり一気にやらずに、毎日少しづつやる事でしょうか。日課になってしまえば簡単です。といっても、FXやっている人は一気にどかーんと儲けてやろうと思っている人が多いでしょうから、コツコツやるのは性に合わないかもしれませんね(笑)。

    まだまだFXの保証金にするには全然足りませんが、とりあえず1万円貯めるまではつづけようと思ってます。どうせあぶく銭なので、リバレッジ100倍で勝負!なんて考えてます(^^;)。

    もし、良かったらどうぞ。

    >>メールを読んでクリックするだけ。GetMoney!

    今週も終わりましたね。皆さん今週の成績はどうだったんでしょうか?こちらからどうぞ。。

    | | コメント (0)

    自動売買の起動方法

    以前、コメント欄で「MetaTrader4で自動売買を開始するにはどうすれば良いのでしょうか?」という質問を受けたのですが、若干わかりにくい所もあるので記事にしたいと思います。

    まずMetaTrader4で自動売買を開始するには、ナビゲータウィンドウから「Expert Advisors」にあるトレーディングシステムを選択し、チャートに適用します(ドラッグ&ドロップすればよい)。

    Navi

    ドロップすると、下のような画面が表示されます。適切なパラメータに設定して「OK」を押してください。なお、デフォルトでは「Allow live trading」にチェックが入っていませんのでチェックしましょう。「Allow live trading」にチェックを入れると、システムをリアルタイムで動作させる事ができるようになります。

    Zenpan

    うまくトレーディングシステムをチャートに適応できると、チャートの右上にシステムの名前と×マークが現れます。この×マークはトレーディングシステムが動作していない事を示します。

    Batu

    では、トレーディングシステムを動かしてみましょう。上のボタンアイコンのところに、「Expert Advisors」というボタンがあると思います。これを押してください。すると先ほどの×マークがニコチャンマークに変わったでしょうか?これがトレーディングシステムが動作している事を示します。

    Niko_1

    これで、自動売買の実行が完了しました。あとは注文が執行されるかどうか、確認してみると良いでしょう。

    ★★★参考になりましたら、応援お願いします。★★★

    | | コメント (3)

    « 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »